体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その6 仙北市長の語る特区の可能性 「僕らはワクワクしているんです!」 <門脇 光浩(仙北市長)>

スクリーンショット 2015-07-02 16.53.49

 

前回(その5)に引き続き、先日(6月26日)に行われた「国家戦略特区シンポジウム」(主催:内閣府地方創生推進)の様子を書き起こし形式でお伝えいたします。

 

===========

 

【竹中平蔵(国家戦略特区諮問会議有識者議員)】

 

スクリーンショット 2015-07-02 16.55.11

国家戦略特区とは、主として最初は、東京を中心とする地域、関西圏、福岡市から始まったわけですが、そこに養父市が入っており、地方創生特区という言葉が生まれるようになりました。そしてそれに加え、近未来技術実証特区という概念が加わりました。

養父市の話はその近未来技術実証特区と地方創生特区が重なりあうようなところの特区と言えますが、それに似たような形のものが仙北市の特区であります。門脇市長どうぞ。

 

【門脇 光浩(仙北市市長)】

スクリーンショット 2015-07-02 16.56.31

仙北市と言って、「あ、あのへんだね」とわかる人はどれくらいいらっしゃいますか?あ、8名くらいですね。仙北市は、誕生してから10年たっています。角館町、田沢湖町、そして西木村この3つが合わさったのが仙北市であります。

 

仙北市はこの地方創生特区の指定候補予定であります。まだ決定ではありません。皆さんに具体的な姿をお話出来ないのが残念です。そのため、今思っていることを皆さんにお伝えできればと思います。

 

 

仙北市は現在人口2万9千人です。合併当時は3万3千人で、4千人減りました。面積は1万1千キロ平方メートルで東京都の半分あります。その中でも国有林は600平方キロメートルで、東京都の23区に匹敵し、それくらい広い国有林を持っています。可能性がたくさんある町で、海外からのお客様も多く、日本国内からも年間600万人くらいの方がお客様としておいで頂いています。交流人口がたくさんあり、可能性が益々広まります。

 

 

国有林の民間開放についてです。僕実は西木村の役場に勤め、林業係長をやっていました。ですので、この林業で何とか地域を活性化させようという思いが強くありました。特に、国有林はとても広いです。ここを経済活動の拠点にしたいという考えなのです。

どんなことが出来るか?今考えているのは、例えば育林業務であったり、伐採業務であったり、大胆に民間の方々にその業務を預けてください。それから、様々な木の実を活用して、例えば生ハムを作るときは、豚を放牧しましょう。豚を放牧して、生ハムを作る良い素材になるのはどんぐりなのです。もしかしたらブナの実を使って、新しい食品が出来るかもしれない。そんなこともやってみたい。また、例えば木が紅葉の後に落ち葉になりますけど、落ち葉をみんな集めて腐葉土を作りましょう。山がいっぱいあります。腐葉土を作ってそれを売りましょう。いろんな考えがどんだけ広がるか。それが土地の広さだけ広がると思っています。そして、今一番期待しているのは、ドローンです。ドローン特区として今僕らは皆様にいろんな提案をしていきたいと考えています。

1 2 3次のページ
地方議会ニュースの記事一覧をみる

記者:

地方議会のニュースをわかりやすく、おもしろく伝えます

ウェブサイト: http://gikainews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。