ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パフ・ダディ、“息子のコーチ暴行容疑”で重罪を免れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パフ・ダディ、P・ディディ、ディディなどの名で知られるラッパーでプロデューサーのショーン・コムズが、先週、息子のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のフットボール・コーチをダンベルで殴ったとされ重罪容疑がかけられていたが、重罪には問われないことが明らかになった。

 コムズは練習の後、UCLAのキャンパス内で凶器による3つの暴行、テロ的脅迫、殴打の容疑がかけられ逮捕された。しかし、TMZの報道によると、7月2日の法廷後、ロサンゼルス郡地区検事長はコムズに対する同訴訟を取り下げたそうだ。

 しかしながら、コムズは完全に危機を脱したわけではない。本件はどうやらロサンゼルス市検事へ付託されており、軽罪に問われる可能性があるという。

関連記事リンク(外部サイト)

アレクサンドラ・スタンxインナ 美女大国ルーマニアが誇る2大スターによる強力コラボ・トラックが完成
【FUJI ROCK FESTIVAL ’15】最終ラインアップ&タイムテーブル発表
ウィズ・カリファ 米ビルボード・シングル・チャート11週目の1位をキープ、オーミがTOP3圏内に浮上

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP