ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

L・トーキョー等3つのリングネームで戦ったA猪木の米国遠征

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストでの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、東京オリンピックを半年後に控え、高揚感に包まれていた日本を旅立ったアントニオ猪木の約2年間という長きアメリカ遠征での戦いと成長をたどる。

 * * *
 昭和39年4月から昭和41年4月までの猪木の2年間の米本土ツアーの遠征コースは、中西部カンザス、カリフォルニア、オレゴン、南部のテキサスとテネシーの各エリア。帰国前には再度、中継地ハワイに立ち寄るというプランだった。

 馬場が遠征したニューヨークをはじめとする東海岸エリア、デトロイト、シンシナティといった都市部のメジャー・テリトリーと比較すると、アメリカの玄関口である西海岸エリア以外では、猪木はどちらかといえば田舎町のローカル団体ばかりを巡業した。

 最初の遠征地、カンザスでの猪木のリングネームは“トーキョー・トム”。

 猪木をカンザスに呼んだのは、昭和35年と昭和38年に2回来日し、力道山のインターナショナル王座に挑戦したこともある元NWA世界ジュニアヘビー級王者の大ベテラン、サニー・マイヤースだった。

 前年の昭和38年7月から11月まで5か月間、日本に滞在したマイヤースは、猪木のレスラーとしての潜在能力を高く評価していた。

 猪木は、カンザス州カンザスシティー、ミズーリ州セントジョセフ、アイオワ州デモインといったNWAセントラル・ステーツ地区を約2か月間サーキット。タッグマッチながら、元NWA世界ヘビー級王者パット・オコーナーと対戦した。

 6月下旬にいったん西海岸に戻り、11月までの約4か月間はロサンゼルスを拠点にサンディエゴ、ロングビーチ、パサディナなどをツアー。ここではロサンゼルスの日本人街リトル・トーキョーにちなんで“リトル・トーキョー”というリングネームを名乗った。

 西海岸エリアでは主にミスター・モトとのジャパニーズ・コンビで活動し、ザ・デストロイヤー&ハードボイルド・ハガティが保持していたWWA世界タッグ王座に挑戦した(10月14日=ロサンゼルス、オリンピック・オーデトリアム)。

 シングルマッチではデストロイヤー、フレッド・ブラッシー、ディック・ザ・ブルーザーといった超一流どころとも対戦。“番付”はメインイベンター・クラスのすぐ下あたりだった。

 西海岸エリアでのツアーを切り上げた猪木は、11月第1週からオレゴン、ワシントンの両州をまたぐパシフィック・ノースウェスト地区に転戦。

 オレゴン州ポートランドにアパートを借り──異国アメリカで初めて年を越し──翌年、昭和40年5月まで6か月間、ここにじっくり腰を落ち着けた。

 西には太平洋、東にはカスケード山脈が広がるオレゴンは、アメリカのなかでも“暮らしたい州”のトップランクに挙げられる土地だが、プロレス人気はそれほど高いところではない。

 ツアー・コースはポートランド、ユージーン、セーラム、ワシントン州シアトル、タコマとその周辺。

 老プロモーター、ドン・オーエンが1930年代から興行を手がけてきたテリトリーで、通常15人程度の所属レスラーが年間250試合を消化する自給自足型のローカル団体だった。

 オレゴン時代の猪木は、トーキョー・トムでもリトル・トーキョーでもなく、本名のカンジ・イノキをリングネームとして名乗った。22歳だった猪木は、オレゴンの大自然の中でどんなことを考えながらツアー生活を送っていたのだろうか。

 ポートランドから北へ向かう時は右側、シアトルから南下する時は左側に見える富士山とそっくりのセント・ヘレンズ山――1980年の大噴火で山の頂上が吹っ飛んで地形がガラリと変わった―の絶景が若かりし日の猪木の心を和ませていたのかもしれない。

 パシフィック・ノースウェスト地区にはプロレス史に名を残すような、これといった強豪レスラーはいなかったが、当時の記録を調べてみると、カンジ・イノキの戦績は連戦連敗。これが武者修行の現実だった。

 オレゴンでの半年間のツアーを終えた猪木は、ロサンゼルスを経由し、昭和40年6月、ミスター・モトのブッキングで次なる修行先のテキサスに向かった。

 猪木がテキサスでのツアー活動をスタートしたころ、日本では馬場を主役とした“復活”インターナショナル選手権・争奪シリーズが始まっていた。

■斎藤文彦(さいとう・ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ~とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP