ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46 アイドルとして活動する現実を再認識するメンバー描いたMV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月22日に新シングル『太陽ノック』をリリースする乃木坂46。そのカップリング曲「羽根の記憶」のミュージックビデオ(https://youtu.be/aiKa7VM1wDE)が公開となった。

 このMVでは、撮影の休憩中や準備中、プライベートで遊んでいたり、ご飯を食べている時など日常の時間に、どこかにいる指揮者のタクトによって歌を歌い始めてしまうメンバーたち。最初は戸惑っているものの、段々と歌う事が楽しくなり、そして踊り始めてしまうという内容になっており、10年後の将来を見据えながら、アイドルとして活動する現実を再認識する乃木坂46メンバーの姿が描かれている。

 監督を務めたのは、「ここじゃないどこか」「他の星から」の監督としてもお馴染みの岡川太郎。メンバーがそれぞれバラバラの場所にいる設定のMVのため、ロケ地ももちろんメンバーごとに違い、都内のスタジオから、ボーリング場、コインランドリー、江ノ島、鎌倉など様々な場所で時間もばらばら。乃木坂46史上最も移動距離の長い作品となった。

 メンバーのステージでは見せない普段の表情も楽しむことができる今作、是非ともチェックしてほしい。

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46初ドキュメンタリー映画 全国10都市全17会場“弾丸”舞台挨拶決定「みなさんと一緒にこの作品を完成できれば」
乃木坂46初のドキュメンタリー映画 メンバー登壇の完成披露プレミア上映会開催決定
乃木坂・生駒、松井玲奈の卒業「寂しい」「卒業後も共演できるよう私たちも頑張る」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。