ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Watch の電池寿命を30時間延ばす専用バンド「Reserve Strap」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Apple初のウェアラブルガジェット、Apple Watch。便利な機能満載と評価が高い一方で、難点としてバッテリーの減りの早さが挙げられる。

この“弱点”ともいえるバッテリー問題の解決策になると話題のバンド「Reserve Strap」の詳細が明らかになった。

発表によると、バッテリー寿命を30時間伸ばすことができるのだという。

・丸2日充電不要に

Apple Watchの駆動時間は18時間とされていることから、単純にReserve Strap の30時間を足して、丸2日充電しなくても使えることになる。

この2日連続使用をどうとらえるかでReserve Strapの評価は別れる が、長時間フライトで移動する、充電をすぐに忘れてしまうといったケースでは重宝しそうだ。

・Watchと同時充電

バンドの充電はマイクロUSBで。Watchとバンドを同時に充電できるのは便利だろう。

バッテリー問題はApple Watch に限らず、スマートウォッチ全体、そして広くはスマホ全体の共通課題でもある。

効率や形状の工夫で今後改善はしていくのだろうが、当面の間はこうした“仕掛け”が必要だろう。

Apple Watchユーザーで電池問題を何とかしたい、と思っているならチェックする価値はありそうだ。

価格は249.99ドル、11月3日に発売予定。

Reserve Strap

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP