ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さりげない香りであの子のハートを釘付けに!香るジェル『リーズム バイ ライジングウェーブ』が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

af0010002417l
梅雨だというのに気温が高い日が続き、部活やサークルが終わると自分の汗や臭いがより気になると悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

せっかく朝シャワーを浴びても、朝練や通学のバスや電車であっという間に汗をかいたりと、とにかくこれからは男女ともに汗や臭いが気になる時季。

最近では、学生でも買いやすい価格帯のフレグランスアイテムが登場していますが、中には朝スプレーしたのに、休み時間ごとや昼・夕方など頻繁にプシュプシュとスプレーしているといった人もいるのでは?

本人は消臭とイメージアップだと思っているかもしれませんが、もしかしたら隣の席やすれ違う人に「匂いキツすぎ」と不快な印象を与えている可能性があるかもしれません。

フレグランスを大量に身にまとうことで他人に不快感を与える“香害”が指摘されるようになって久しいですが、近年では、人混みで「うっ」と眉をしかめたくなるほど強い香りに振り向くと男子だったなんてことも。

22df159e87
一般的なフレグランスボトルでよく見かけるのが、1プッシュで一定量が吹き出すスプレータイプ。そのため、量の調節が難しく、“ちょっと”・“ほんのり”香らせたいと思ってもついつい付けすぎていることも。

そんな場合はボディミルクやローション・練り香といった塗るタイプの香りアイテムを使うのもオススメですが、直接指で塗ることに抵抗があったり液状なので思ったより量が出てしまうなど、悩みどころもあるかもしれません。

そんな、フレグランスアイテムの使い方に悩む人にオススメしたいのが、来月(2015年7月)18日に先行発売が予定されている『リーズム バイ ライジングウェーブ(600円/税抜)』です。

e86e3eb7af
830dfe1fb9
こちらは、これまでの“塗る香り”にはなかったジェルタイプのアイテム。

香りのラインナップが、「85:Beat Marine(ビートマリン)」「05:Shake Sabon(シェイクサボン)」「32:Rise Fruity(ライズフルーティ)」「67:Break Citrus(ブレイクシトラス)」と、アクア系からシトラス系まで人気の定番4種類が揃っているのも嬉しいですね。

5d75f47c79
オススメの量は「1円玉程度」とのことですが、ジェルタイプなら不慣れな人でも量の調節が容易なので、「ほんのちょっと付けてさり気なく香らせたい」という人にもオススメです。

近年では、料理だけにとどまらずお肌の手入れなどにも励む、女子よりも女子力の高い“女子力男子”も急増中。今以上に女子力をあげたいと考えている“女子力男子”にとっても見逃せないアイテムなのではないでしょうか?

ちなみに、ボトルに印字されている番号は「商品の香りのイメージとリンクしている偉人にまつわる番号」とのこと。

一緒に、その偉人にまつわる格言も印刷されているので、憧れの偉人にあやかってみるというのも面白そうですね。

第3のフレグランス『リーズム バイ ライジングウェーブ』は、2015年7月18日(土)より先行発売を予定。一般発売は2015年9月中旬とのことです。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:北島要子 企画:ガジェット通信
■参照■
・フィッツコーポレーション

http://www.fits-japan.com/

・プレスリリース

http://www.dreamnews.jp/press/0000113878/

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。