体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その5 養父市の国家戦略特区 これまでの困難と今後の展望 <広瀬栄(養父市長)>

スクリーンショット 2015-07-02 16.53.33

 

前回(その4)に引き続き、先日(6月26日)に行われた「国家戦略特区シンポジウム」(主催:内閣府地方創生推進)の様子を書き起こし形式でお伝えいたします。

 

===========

【竹中平蔵(国家戦略特区諮問会議有識者議員)】

スクリーンショット 2015-07-02 16.55.11

 

みなさん、こんばんは。だいぶ色々なお話をお聞きしてお疲れかと思いますが、そうそうたるメンバーが集まっていますので、特区の問題、とりわけ地方創生と結びつけた議論をさせて頂いて皆さんにぜひ役立つようなセッションに出来ればとおもいます。

 

 

今までの中でいろんな議論がありましたが、私なりに整理させて頂くと、このような感じです。国家戦略特区というのは、区域会議が作られていますが、区域会議というのは政府に要求するだけの機関ではなく、それぞれ「ミニ独立政府」であります。しかし、「ミニ独立政府」で色々話し合っても、解決できない話があり、それを政府主導で導くため、総理をチェアマンとする特区諮問会議があります。そして、そのもとにワーキング・グループを設置し、日常的に関係省庁と折衝をしています。ですので、区域会議が非常に重要な役割を持っていることになります

 

 

安倍総理も繰り返し「民間の出番、民間の出番」という言葉を使ってらっしゃいます。このことは、取りも直さずいろんな仕組みを作り、規制改革メニューをつくりましたが、これからは、それをどう使い、どう成果を出すかということが問われている段階なのだろうということです。

そういう意味では地方の首長さんにぜひ頑張っていただきたいし、そこに参加する企業の皆さんに斬新なアイディアを出していただきたいし、それに対し私達政府の側も頑張って答えを出していく、そのような良い循環を作れるかどうかが問われているのです。

そういう意味で、このセッションで議論したいことは3つあります。

この地方創生で新しい立役者となろうとしている方々がここにお見えですけど、①特区を使って何を実現したいのか?、②そのために超えなければいけない壁は何なのか?、③地方創生のために広くみなさんに国に地方に呼びかけたいことは何なのか?を集中して議論したいと考えています。

パネリストの中で何も打ち合わせをしておりませんので、忌憚のない意見、様々な問題提起をして頂きたいと思います。

 

【広瀬栄 養父市市長】

スクリーンショット 2015-07-02 16.59.25
1 2 3次のページ
地方議会ニュースの記事一覧をみる

記者:

地方議会のニュースをわかりやすく、おもしろく伝えます

ウェブサイト: http://gikainews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。