ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AppleMusic邦楽弱い?ネットの評判

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Appleが7月1日から開始した定額制の音楽ストリーミングサービス「Apple Music」。最初の3カ月は無料で体験できるということで、早くも多くのネットユーザーが楽しんでいるよう。ユーザーたちの反応はどのようなものだろう?

【もっと大きな画像や図表を見る】

個人向けは月額980円、最大6人で利用できる「ファミリーメンバーシップ」は月額1480円で、数百万もの楽曲が聴き放題となる。とにかく、多くの楽曲を楽しめるのが大きな魅力で、ツイッターでは、

「Apple Music良い Radioがとにかく良い」
「Apple Music 使ってみてるけど、これはもうCD買わないかも。Spotify も試用してみようかしら」
「Apple Musicヤバいっくす
楽しすぎて昼寝できねっくす」

と、新たな音楽体験を堪能しているネットユーザーが続出している。

一方で、不満を抱くユーザーも少なくない。

「apple music邦楽無さすぎるな
これ系のコンテンツ全体に言えるけど」
「iTune Storeにある曲が必ずApple musicにあるわけじゃないのな」
「Apple Musicで、聴きたい邦楽アーティストで検索して、アーティスト名がヒットしたのは良いものの、そのアーティストの原曲は無くて、オルゴールカバーの曲ばっかりひっかかる現象が悲しい」
「Apple Musicの邦楽の少なさに絶望した 3ヶ月後には増えててくれ…」

などと、邦楽ファンたちが、邦楽のラインナップが充実していないと嘆いているのだ。

現在国内では、エイベックスとサイバーエージェントが手がける「AWA」や、LINEの「LINE MUSIC」などの定額制音楽配信サービスが提供されているが、ユーザーの実感としては、

「今後どうなるかは別として、LINE MUSICとApple Musicを聞いた感じとしてはLINEは邦楽がAppleに比べて多い。Appleは圧倒的に洋楽が多い」
「Apple Music、いろいろ検索試してみたけど現時点では邦楽は全然揃ってなくてダメですね。でも洋楽はかなり使える。思わずCD持ってないアーティストの曲を聴きまくってしまった」

といった投稿があるように、現状では「洋楽が充実しているApple Music」「邦楽が充実しているAWA、LINE MUSIC」といった受け止められ方をしている様子だ。

Apple Musicのサービスは始まったばかりだが、今後、邦楽のラインナップが増えていくかどうかで、日本の音楽配信サービスの勢力図が変化するかもしれない。
(奈波くるみ)
(R25編集部)

AppleMusic邦楽弱い?ネットの評判はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「Apple Music」980円か?
著作権問題「そもそもBGM不要」
音質向上するiPhoneケース登場
アニソン用イヤホンに「感動」の声
“CDの曲”をスマホに継承する

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。