ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蒸しタオルで美肌を手に入れるコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


自宅で簡単にできる美顔ケアの代表格が、蒸しタオル。水とタオル、レンジがあればいいのだから、なんともお手軽&リーズナブルです。しかも、多くのエステや美容サロンで使用されていることからも分かる通り、その美容効果はてきめん! ただし、使い方にはやっぱりコツがあるみたい。小林メディカルクリニック院長・小林暁子先生のアドバイスのもと、蒸しタオルの活用法を調べてみました。

【もっと大きな画像や図表を見る】

そもそも、蒸しタオルにはどんなメリットがあるんですか?

「一番は、適度な熱で血流がよくなり、代謝が促進されるということですね。くすみやむくみも軽減され、お肌全体がリフレッシュします。毛穴ケアにも効果抜群ですよ」

夏のお肌の悩みでも上位を占める毛穴の黒ずみやザラつきは、毛穴に詰まった角栓や皮脂汚れが酸化して起こるもの。普通の洗顔ではなかなか落とせないけど、「温めて毛穴を開かせることで取り除きやすくなる」のだそう。

また、毛穴トラブルの多くは、肌のターンオーバーが間に合わなくなってしまったことが原因。つまり、新陳代謝が促進されれば、毛穴の悩み自体とサヨナラできる可能性もあるのです。毛穴は美肌の決め手だけに、今の問題をクリアしつつ、未来のトラブルまで防いでくれるとなれば、チャレンジ一択でしょう!

ではまず、蒸しタオルの作り方から。といっても、濡らしたタオルを絞ってくるくる巻き、レンジに入れるだけ。500~600Wで1分が目安だけど、機種やタオルのサイズ、水分量などによって変わるので、様子を見ながら温めること。

「熱過ぎると肌を傷めるもと。気持ちいいと感じる程度に調整してください」と小林先生。

結構迷うのが、どのタイミングで使うべきか?ということ。クレンジングの前? 後? それとも洗顔後? 

「肌の状態やメーク内容にもよりますが、毛穴ケアを考えるなら、クレンジングの後がおすすめです。本来、毛穴汚れは洗顔料で落とすべき性質のものなので、メークが乗ったままだと邪魔。全体のメークをさっと落とし、蒸しタオルで毛穴を開かせてから洗顔すれば、詰まってしまった汚れを効率的に取り除くことができますよ」

注意したいのは洗顔後。蒸しタオルの後は、肌が乾燥しやすくなっているため、「即保湿」が大原則です。

「このとき、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水や美容液を使うと、温冷効果で肌が引き締まります。ただし、力を入れてパッティングするのは避けて。蒸しタオルの後は特に優しく、ソフトに扱ってください」

効果抜群の蒸しタオルだけど、やっぱり肌に負担を掛けるということですか? 毎日やっちゃうとよくないとか…?

「そんなことはないですよ。肌が柔らかくなるため手荒に扱うのはNGというだけで、特に肌が弱い人やトラブルを抱えている人以外は、毎日行っても大丈夫。ただし、適切な温度と時間で、強い刺激を与えないよう気を付けてください」

毛穴ケアは継続がカギ。時間に余裕があるなら、ひと手間かけて蒸しタオルを日課にするとよさそうです。

とはいえ当然ながら、蒸しタオル自体が毛穴の汚れを落としてくれるわけではありません。効果を最大限に引き出すためには、直接汚れに働きかける洗顔料をはじめとしたスキンケアアイテム選びが、結構重要だったりします。

そこでお勧めしたいのが、DHCの毛穴ケア専用基礎化粧品シリーズ「ポアナ」。毛穴洗浄力に優れているだけでなく、皮脂量をコントロールし、毛穴まわりの黒ずみやくすみに働きかけるなどの全方位ケアが可能だから、蒸しタオルとのセット使用にはうってつけ。同じひと手間かけるなら、より効果を引き出せる組み合わせを追求して、効率よく美肌を目指しましょう!
(R25編集部)

蒸しタオルで美肌を手に入れるコツはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

夏の恋を阻む「すっぴん」の壁
オトコのすっぴん好きは本当か?
キレイが長持ちする素肌作りのコツ
注意!間違いだらけの毛穴ケア
すっぴんに自信! 毛穴美人のつくり方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP