ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

砂糖もバターも使わない!?女性に嬉しい「ロースイーツ」な美肌トリュフ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

rawacaitruffle

山本絵奈

山本 絵奈

ローフード研究家

「sweetsremedy labo」主宰。2010年日本リビングビューティー協会・ローフードマイスター1級取得。特にスイーツ好きが嵩じて、カラダによく、ダイエット中の女性やアレルギーが気になる方でも安心して食べることができる、ロースイーツの研究に従事、紹介している。ローフードのワークショップやロースイーツ教室を開催。また、全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクターとしても活躍する。

スーパーフードの「アサイー」を使った、ロースイーツをご紹介します。すでに日本人にもおなじみのこのアサイー。独特の濃い紫色は、ポリフェノールの宝庫だという証拠。ということは、抗菌化作用がとっても高い!お肌の老化を遅らせたり、体内の代謝をアップさせて血液循環もうながす、アンチエイジング食なのです。女性なら積極的に摂りたい果物ですよね。

IMG_7688-3-480x480

私は、冷凍ピューレ状のもの(もちろん無添加、ノンシュガーのもの)や、フリーズドライになっているアサイーを常備しておいて、ときどきジュースやスムージにプラスして楽しんでいます。
せっかく栄養価の高いアサイーですから、スムージーやアサイーボウルだけでは芸がない。そこで、今回はアサイーを入れた「ローチョコレートトリュフ」をご紹介します。大丈夫、想像しているよりも簡単に作れますから。

IMG_7702-480x480

<材料>
ローカカオバター:60g
ローカカオパウダー:30g
生カシューナッツ:35g
アサイーピューレ:50ml
水:50ml
アガベシロップ:大さじ3(生ハニーでも可)
ヒマラヤンピンクソルト:適量
(トッピング)
ココナッツフレーク
フリーズドライブルーベリーパウダー

<作り方>
①生カシューナッツは3時間以上浸水させて、よく洗いすすいでおく。カシューナッツ、アサイーピューレ、水をブレンダーに入れて滑らかになるまで撹拌し、アサイーカシュークリームをつくる。
②ローカカオバターは細かく刻み、48℃以上に温度が上がらないように湯煎しながらゆっくり溶かす。完全に溶けたら、ローカカオパウダーを少しずつ入れて、器などで混ぜながら溶かしていく。アガベシロップ、ヒマラヤンソルトを入れてさらに混ぜ合わせ、味を整える。
③そこに①を少しずつ注ぎ入れて、手早く混ぜ合わせ乳化させる。完全に乳化するまで混ぜるのがポイント。この乳化でトリュフの舌触りや口溶けが全然変わってくるのでしっかりまぜること。
④乳化したチョコレートを型やタッパーに流し入れ、冷凍庫で2時間以上冷やし固める。

IMG_7699-480x480

冷凍庫から取り出したチョコレートをお好きな大きさにカットし、手で丸める。

IMG_7700-480x480

ココナッツフレークとブルーベリーパウダーを混ぜ合わせて、丸めたチョコレートにまぶす。

IMG_7701-480x480

アサイーとブルーベリー、2種類のベリーでポリフェノールたっぷり、キレイになれちゃうこと間違いなしのトリュフです!甘酸っぱくて栄養価満点のアサイーと、ローカカオの相性を是非お試しください。

このほか「sweetsremedy labo」では、ロースイーツのレシピをたくさん用意しているのでチェックしてみて。

Licensed material used with permission by sweetsremedy labo

関連記事リンク(外部サイト)

電子レンジでわずか3分。マグカップでつくる、ひと手間加えた「フレンチトースト」
凍らせるだけで美容効果UP!冷凍フルーツを使った「スムージー」レシピ
冷えたビールのおつまみに◎。ギリシャ料理「シーフードサガナキ」レシピ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。