ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アイアンマン』と『キャプテン・アメリカ』に変身してみた2015夏! 頭身とか色々おかしい!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今、世界で最も観られている100年に1度の映像プロジェクト『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。いよいよ日本でも7月4日より公開!

本作は、6月21日までで全世界興行収入が、※13億6943万ドル(約1643億円)に到達し、あの『アナと雪の女王』、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』を超え世界歴代興収第5位にランクイン。世界的ヒットを記録しています。

筆者も一足お先に見させていただきましたが、映画開始冒頭からテンションあがりまくり! 一作目の『アベンジャーズ』では、最後の最後にヒーロー全員が円になって戦う姿に感動しましたが、今回は最初からタッグが見れるので、かなりワクワクしちゃいます。そして、敵か味方か? 謎多き新キャラ2人も素晴らしい存在感で、今後の展開にも期待大!

2013年には、『アイアンマン』の「アイアンマン・マーク42」スーツを実際に着てレポートしたガジェット通信ですが、今回は「アイアンマン・マーク43」&「キャプテン・アメリカ」のスーツの試着にトライ! スーツ着用前と後の男達の表情の変化にもご注目。


今回スーツを着るのは、ガジェット通信演習部のwosa記者と、よしだたつき記者。40代にアラサーと年齢は違えども、さえないという点では一緒のボンクラスタッフだ。

よしだ記者は身長180cmでスタイルだけは無駄に良いが、wosa記者は「リアル4頭身」「(ある意味)奇跡のスタイル」と評される、なかなかユニークなスタイルの持ち主。この2人がスーツを着ると……


どやっ! キャップの頭身がヤバい! 映画でキャプテン・アメリカを演じているクリス・エヴァンスは身長185cm、wosa記者はサバ読んだとしても165cm。20cmの差がここまでの見た目の違いに現れるのか? キャプテン・アメリカとキャプテン・高円寺。同じ人類とは思えない違いである。


一方のよしだ記者はかなりしっくりと着ている。アイアンマンを演じるロバート・ダウニーJr.は身長175cmなので、実はよしだ記者の方が身長は勝っているのだ。ガジェット通信のボンクラ記者だって捨てたもんじゃないぞ!


と、キャッキャはしゃいでいたのだが、実はよしだ記者、スーツの顔の部分がかなりきつく、笑顔が作れないほど苦しんでいたのだ。決して顔が大きいわけでは無いのに、こんなに苦しいとは……。筆者が本気で心配するくらいの苦しみ様で、ヒーローになるのは本当に大変なのだ。


映画では、超絶格好良いアクション、そしてメンバーの意外な一面や、仲間、友情、愛にあふれる素晴らしいストーリーを楽しむ事が出来ます。全世界を魅了しているアベンジャーズ達の戦い、活躍は全国民必見なのです!


スーツを着た後、見違える様にシャンとする男2人。アベンジャーズ達に、遠く離れた日本・東京で、このボンクラ2人を救ってくれた事を感謝したい。

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は7月4日より全国公開。皆も心にヒーローを!


アベンジャーズたちはは何故闘い続けるのか? 死闘を描いた胸アツPV
https://www.youtube.com/watch?v=N9YSb3NpVqw

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』7月4日公開

アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークが開発した<ウルトロン計画>。それは、人工知能による完璧な平和維持システム。しかし、進化と増殖を続けるウルトロンが選択した“究極の平和”とは、 地球を脅かす唯一の存在=人類を抹消することだった……。世界中の都市を襲う人類滅亡の脅威に、最強チーム “アベンジャーズ”が再び結集。絶体絶命の彼らに残された最後の武器は、「愛する人を守りたい」という熱い思いだけ……。

(C)Marvel 2015

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP