ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すべてが丁度いい。SIMフリースマホ「g02」を使ってみました!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月下旬に販売を開始した「gooのスマホ」。今回は3機種あるgのスマホでは、ミドルレンジにあたる「g02」の使用感を紹介します。
淡いピンクが柔らかい印象のg02。サイトなどで見るより抑えた色味なので、男女を問わず誰でも使える色になっています。カラーはこのプラチナピンクとプラチナシルバーの2色。

背面はプラスチック製で少々強度に不安があるかもしれません。しかし、スマホにカバーを付けて使用するのであれば、特に問題はないのではないでしょうか。一見iPhoneに似ていますが、素材の差もあるため高級感は薄いですが、気軽に使えるカジュアル感を味わえると思います。

サイズは144×70.7×7.7mm、画面サイズが5インチ。ちなみに筆者は女性の中でもかなり手が小さい方なので、画面サイズだけを見ると「ちょっと大きいかも」と心配でした。

実際に手にしてみると「すごく大きい」ことはなく、グリップが良く文字なども見やすいモノでした。5インチ以上となると画面が大きくなるので、無理に片手で使うよりも両手使いにしたほうが良いでしょう。また、重さは約132g。これはiPhone5cと同じ重量ですが、手に持った感覚では「g02」の方が軽く感じます。

価格以上に価値のある本体性能
ここで主な仕様を確認しましょう。

カラー

プラチナシルバー/プラチナピンク

OS

Android 5.0 Lollipop

CPU

クアッドコア 1.2GHz

ROM/RAM

ROM:8GB/RAM:1GB

外部メモリ

micro SDHC 32GBまで

サイズ

144×70.7×7.7mm

重量

約132g

ディスプレイ

5インチ IPS 液晶 1280×720 HD

カメラ

アウトカメラ: 800万画素 CMOS

インカメラ: 500万画素 CMOS

バッテリー容量

2,400mAh

ネットワーク

LTE:B1(2100) / B3(1700) / B19(800)

W-CDMA:B1(2100) / B6(800) / B19(800)

GSM:900 / 1800 / 1900

SIMサイズ

ナノSIM

WiFi

WiFi 802.11 b/g/n 2.4GHz

Bluetooth

Bluetooth 4.0

キャリアから発売されているスマホと同じく、Android OS 5.0が採用しクアッドコアCPUを搭載。CPU性能をOSが引き出しているのでしょうか?画面の動作は機敏でサクサクと動いています。

8GBあるROMのうち、システムが使用する領域として3.70GB、ユーザーの使用領域として4.30GBが割り当てられています。g02のスペックを考えるとROMの容量が足りない可能性があるので、micro SDHCカードを使うことをオススメします。

5インチ IPS液晶(1280×720 HD)は明るく見やすい画面が特徴。「高画質、省電力のインセルディスプレイ:液晶セル内にタッチセンサーを組み込むインセル方式を採用し、クリアかつ鮮明な色表現と省電力を実現」という公式のオススメポイントの通り、画面は明るく、指でのスクロールもハイスペックモデルに引けをとらない操作感です。

ナノSIMサイズのデュアルSIMスロットを装備!しかし……
デュアルSIMスロットを搭載していますが、LTE/3Gに対応しちえるのはスロット1だけ。スロット2は2Gのみの対応となっています。国内で流通しているMVNOのSIMに2G対応はないため、必然的に利用できるのはスロット1のみに。なお、本端末で利用可能なSIMサイズはnano SIMとなっています。

画像では両方にドコモのnano SIMが入っていますが、日本国内で使えるのはSIM1スロットのみですのでご注意ください。海外出張や旅行をされる方は現地の2G対応SIMをSIM2スロットに入れて切り替えながら使うことができます。

SIMトレイは画面を上にして左側面にmicro SDHCスロットと並んで配置。SIMやmicroSDのトレイを出すにはピンを小さな穴に差し込んで行います。

 

 

カメラ性能もバッチリ!過不足ないプリインアプリも魅力
カメラ機能は、アウトカメラ800万画素・インカメラ500万画素とハイスペックなカメラを搭載しています。標準のカメラアプリだけでも、簡単に撮影が楽しめる「シンプルモード」と、露出やISO・ホワイトバランスなどが自分で選択できる「エキスパートモード」を楽しめます。

上の画像のように、シンプルモードでは接写撮影ができ、ピントを合わせたところに焦点を合わせ「背景ぼかし」のような写真が簡単に撮れました。オートにあたるシンプルモードでこれだけの写真を撮影できるのですから、細かな調整のできるエキスパートモードを使えば、より一層こだわりを感じる写真を撮影できることでしょう。

また、インカメラも500万画素あるので、美しい仕上がりの自撮り写真が期待できます。

キャリアスマホと違ってファイル管理アプリや音楽アプリなど、最低限必要な基本的なアプリがインストールされているだけ。自分の目的・用途にあったスマホに仕上げられますね。

筆者が日常で愛用しているXperia Z3と比較しても、操作に関しては大きな差を感じませんでした。ネットもメールもサクサク、画面操作もとてもスムーズに動いてくれます。単純に「サクサク動けば良い」と考えている人であれば、最良の選択の1つであると感じさせるSIMフリースマホでした。

(文:千葉理恵)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP