ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サードウェーブコーヒー流行で昔ながらの純喫茶再評価の動き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨今、盛り上がりを見せている「サードウェーブコーヒー」。これは米国発のコーヒー業界のトレンドのひとつで、今年2月に上陸したブルーボトルコーヒーを筆頭に、東京でもサードウェーブのコーヒー専門店が増加傾向にある。都内のコーヒー専門店で勤務する男性Aさん(25歳)が、解説する。

「コーヒーブームの第一の波(ファーストウェーブ)と呼ばれているのが、19世紀後半の大量生産の時代です。アメリカでコーヒーが一般流通し、家庭や職場でコーヒーが飲まれるようになった。いわゆるアメリカンコーヒーの広まりです。第二の波が『スタバ』や『タリーズ』などの深煎りの流行。エスピレッソにミルクを入れるラテが人気を博し、私たちが今利用するシアトル系のコーヒーチェーン店はこの波です。

 こうした波に対して、サードウェーブコーヒーは、原点にかえって、ていねいな一杯のコーヒーを提供しようというもの。“ていねいな暮らし”や“ロハス”などが流行っている動きとうまく合致していますね」(Aさん)

 サードウェーブコーヒーでは、豆の原産地を重視し、その個性を最大限に引き出すのが特徴的だ。とくに、単一種の苗木から収穫された豆だけで一杯のコーヒーを淹れる「シングルオリジン」が重視される。

 ところが、こうしたサードウェーブの流行を受けて、コーヒー好きの間では改めて、酒類を扱わない昔ながらの喫茶店=純喫茶を再評価する向きもある。コーヒーブログを執筆しているという自称「サードウェーブ系男子」のBさん(28歳・IT系勤務)とCさん(28歳・自営業)は、こう話す。

「サードウェーブ系男子としては、その流行に乗るのではなく、逆に古き良き純喫茶に改めて惹かれるようになりましたね。みんなインスタグラムやFacebookに“コーヒー界のApple”と呼ばれる『ブルーボトルコーヒー』などの写真を載せていますが、そこであえて土着の喫茶店を探して、レトロな雰囲気を楽しむのが個人的なブームです。シングルオリジンに負けない美味しいコーヒーを出すお店はたくさんありますよ」(Bさん)

「僕もBくんと一緒で、純喫茶に注目しています。浅煎りで酸味が効いたシングルオリジンのスペシャルティ・コーヒーもいいですが、こぞって『自称おしゃれ男子』が食いついている感じがダサい。新聞や週刊誌を読みながら、ジャズのかかった純喫茶で飲むコーヒーのほうが美味しく感じますし、ていねいに一杯を提供するという意味では『純喫茶こそ本来の日本のサードウェーブ』と言えるのではないでしょうか」(Cさん)

 コーヒー界を席巻する“第三の波”。その一方で、コーヒー好きの間では、原点回帰する動きもあるようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金子哲雄 スタバ系カフェからの揺り戻しで純喫茶見直し指摘
コーヒー専門店に「第3の波」が到来 脱スタバ目指す戦いへ
進化するインスタントコーヒー 女性が牽引「短時間で本格的」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP