体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その4 特区は突破口!! <スプツニ子!(現代美術家、マサチューセッツ工科大学助教)>

スクリーンショット 2015-07-02 17.04.49

 

前回(その3)に引き続き、先日(6月26日)に行われた「国家戦略特区シンポジウム」(主催:内閣府地方創生推進)の様子を書き起こし形式でお伝えいたします。

===========

【平 将明(内閣府副大臣)】

それではスプツニ子さん、特区というのはいままで我々がなかなか出来なかったことを場所を限定して規制改革しようということなのでグローバルに活躍されていますし、ワクワク感も含めて今の話もふくめて感想を聞かせてください。

 

【スプツニ子!(現代美術家、マサチューセッツ工科大学助教)】

ワクワク感でゆくと特区は突破口という役割になります。それでいくと高島市長のイケイケっぷりが頼もしいです。今MITメディアラボでアート作品とか作って未来を妄想しているところにいるのですがみんなで言っていることで、「100の未来を想像してそのうち10が叶うのならもっと大きく行ったほうがよい」と話をしています。(高島市長のような)ガンガンイケイケっぷりで行くのは大事だと思います。

私も今回はスペシャリストではないので参加するにあたっていろんな人から話を聞きました。こういう規制があるとか、外国人の医者は外国人しかみてはいけないとか、こんなに保育所がたりなくて女性が仕事に出て行けないのに保育士の試験が一年に一回しかない、受からなかったら来年までまたなくてはならないとか。「なんだこりゃー」みたいなものがいっぱいあって(これらを)特区で利用して思い切り変えてゆくのがよいと思います。福岡市に期待しています。

 

ドローン特区を新潟でつくるってことで鯉渕さんとお話をしていたのですがドローンを使って新聞配達をする試みとか。先日も事件があって「ドローンは危ないのではないか、規制したほうがよいのではないか?」みたいな人たちも出てきますが新しいテクノロジー、産業はそうやって実験するところがないと安全性を高める、セキュリティーを高める術が無いです。実験する場所がないから。そこで安全性、セキュリティーを心配するのだったらだからこその特区ではないかと思います。規制するではなく、ポテンシャルのあるテクノロジーを活かすような場所を作ってくれたら嬉しいしそこでアートをやりたいです。ドローン特区が出来た暁には、そこでしか出来ないドローンアートを立候補します。

 

【平 将明(内閣府副大臣)】

今後の前向きな話ですがこれからの特区の課題はどうあるべきか、八田先生からお願いします。

 

【八田達夫(特区諮問会議有識者議員)】

一番大きな成果は都市計画の自由化とそれによって容積率が増えるなど大きいと思います。また医療についてもかなりの改革が行われてきました。日本の医療技術を輸出するには更に新しい発明をしたときにそれが認証されるプロセスが簡単になる、といったことをこれから進めてゆかなければならないと思います。それからあとは農業です。農業は従来特区で農業委員会の一部を市に移すということで新規参入が非常にしやすいという状況を作りました。しかしそれに加えて農業生産法人の条件を緩和するという大きな課題が残っていますから今の農協の改革が終わったらそちらのほうにも力を入れるべきだと思います。

それから林業、水産業でもまだまだ大きく変える余地があると思っています。

 

【秋池 玲子(特区諮問会議有識者議員)】

特区は二つの種類があると思っていまして、一つはその地域ならではの特徴を活かしてよりよい場所にしてゆくためのもの。もう一つは、本当は全国で出来たほうがよいのだけどその前に特定の地域でやってみようかな?国家の先駆けとしてやってみようかなというものです。

1 2 3次のページ
地方議会ニュースの記事一覧をみる

記者:

地方議会のニュースをわかりやすく、おもしろく伝えます

ウェブサイト: http://gikainews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。