ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

筋トレすると、姿勢ブスまっしぐら?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


姿勢をよくするには、筋肉が必要だと思っていました。整体の先生の話を聞くまでは……。
実は、姿勢ブスを卒業するためには、キツい筋トレをする必要なんてなかったんです。

「姿勢改善=筋肉をつける」という間違い

健康的な身体を保つにあたって、筋肉をつけることは重要です。しかし、「姿勢をよくするために筋肉をつける」というのは、整体の先生からするとイコールではないそう。
筋肉をつけるより、身体を支える軸となる「骨」のバランスを整えることや、緊張している筋肉をほぐす「ストレッチ」の方が大切なんだとか。定期的に、整体で身体のメンテナンスをすることや、自分が心地よいと思えるストレッチを毎日行うことが、姿勢をよくする近道なんです。

気が付いたときにできる簡単ストレッチ

私も日頃から実践している、3つの簡単なストレッチ方法を紹介します。生活のなかで、気がついたときに取り入れることができるのでお気に入りです。
「疲れたな~」「ちょっと肩が凝ってきたかも」なんてときに、ぜひ試してみて。上半身の筋肉がほぐれて、気持ちもスッキリします。

【お手洗いなどの個室で】
起立した状態で、両腕を上げながら背伸び。伸びたところで、ダラッと両腕を下す。
【デスクに座りながら】
肩甲骨をギュッと寄せて、数秒キープ。そのあと、スッと力を抜く。
【お風呂あがりのストレッチに】
両腕を逆方向にぐるぐる回す。

身長の高い女性は猫背になりがち

背が高いことをコンプレックスに感じている女性に多いのが、猫背。とくに、ヒールを履くと165cmを超える人にその傾向があるようです。
もともと新調が170cmある私もそう。男性より小さくいたいと思ったり、小さい女の子はそれだけで魅力的だと思うんですよね。
ですが、猫背にして身長を低く見せても、その姿が鏡に映ったとき「素敵だな」と思えるでしょうか? 背が低い女の子が魅力的なのと同じくらい、背が高い女性もとっても魅力的なはずです。
自分の意識をポジティブに変えて、身長が高い自分を受け入れて好きになっていきましょう
姿勢をよくするために、筋肉をつけようとするのは、単なる根性論。ストレッチで筋肉のコリをほぐしてバランスを整え、身長に対する意識を変えた方が、気持ちもラクになりますよ。
姿勢はすぐに治るわけではありませんが、毎日の生活で意識づけをしながら、少しずつ姿勢ブスを卒業していきましょう。
Young woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
オネエ「アタシ、実は梅雨って嫌いじゃないの」
カッコいい女は朝になんか負けないぜ
甘いものが食べたいなら #Froyo を食べればいいじゃない

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP