ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートウォッチのジェスチャー操作を可能にする「Aria」がついにKickstarterに登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートウォッチは当然のことながら手首につけるので、装着していない側の手がふさがっているときは操作ができない。

この不便を解消するデバイス「Deus Ex Aria」がついにKickstarterに登場した。Ariaをスマートウォッチのバンドにつけることで、指の動きなどだけで操作が可能になるというものだ。

・手の動きを感知

Ariaは開発途上の段階から話題となっていたが、このほど満を持してKickstarterに。キャンペーンを開始してあっという間に目標額の10万ドルを達成するという、注目のプロジェクトだ。

実際、Ariaがどんなものかというと、バンドに装着するタイプと、ストラップタイプの2種類があり、どちらも指を軽く曲げるなどの動きを感知する。

あらかじめコマンドを決めておき、感知した動きをスマートウォッチ操作に反映させるという仕組み。ちなみにAriaはイタリア語で、英語でいうところの「Air」。空中での操作性を意味しているようだ。

・スマホ操作にも対応

例えば、握りこぶしをしてから手のひらを広げるという動作でスマートウォッチにメニュー画面を表示させ、人差し指を折り曲げる動作を繰り返してメニューをスクロールできる。

また、ウォッチと連携するスマートフォンをAria経由でコントロールすることも。スマホに電話がかかってきたら、ウォッチをタップするかわりにジェスチャーでとることができるようになる。

こうしたジェスチャーは、ユーザーがカスタマイズできるというのもポイントだ。

・PebbleとAndoroidの2種類

AriaはPebble TimeとAndoroid Wearに対応する2種類。Andoroid用はクリップでバンドにつけるようになっていて、Pebble用はストラップになっている。

気になる価格はというと、最安タイプはすでに”完売”し、Pebble用が69ドル、Andoroid用は129ドルからとなっている。キャンペーンは7月20日まで。世界中どこにでも発送してくれるので、興味のある人はお早めに。

Deus Ex Aria/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP