ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんどのエイフェックスは、アシーーーーーーッドな(?)AFX名義の新作!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェームスがまたもや新作のリリースを発表です!

13年も作品を出さないと思いきやエイフェックス・ツイン名義で昨年『Syro』をリリース後、リリース・ラッシュに突入の模様。

リリースは8月18日(木)。タイトルは『ORPHANED DEEJAY SELEK 2006-2008』。今回、AFX名義の10年ぶりの新作になるそうで。リリースはもちろん〈WARP〉より。

エイフェックス・ツイン名義がわりと契約に縛られていることが多いのもあって、AFXは自身のレーベル〈REPHLEX〉からのリリースも多く、作風もまさにリチャード・D・ジェームスの悪童っぷりをそのまま体現したかのような音源も多い名義。今回のリリース、タイトルを考えると2006年から2008年の未発表音源なのかなと思いつつ、まずはトレーラーが公開。これまたAFX名義”らしい”アシッドな作品。ジャケットは初期〈WARP〉のブリープ期の作品を彷彿とさせる、デザイナーズ・リパブリックのデザイン。

エイフェックス名義不在の間も、新曲とも未発表集とも言われる12インチ・シリーズ&編集盤『Chosen Lords』を出している。

これまた今夏もリチャードに音楽シーンは、かき回されるのか!
(河村)

・トレーラー映像はこちら『serge fenix Rendered 2』
http://www.beatink.com/Labels/Warp-Records/Aphex-Twin/BRE-51

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP