ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さだまさし『SONGS』登場 ナレーションは『風に立つライオン』の大沢たかお

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月25日 NHK総合テレビ『SONGS』(23:30~23:59)にさだまさしが登場。ナレーションに大沢たかおを迎え、名曲を披露する。

 今年、多くの感動を呼んだ大ヒット映画『風に立つライオン』。同名の主題歌は、さだまさしが20歳の頃、アフリカ・ケニアで国際医療活動に従事した実在の医師・柴田紘一郎の話を聞き、それから15年かけて制作した。この歌に惚れ込んだ俳優・大沢たかおが、6年前にこの楽曲の小説化、映画化を熱望したことから、プロジェクトが始動。87年の楽曲発表から実に28年かけて、今年、映画が完成した。

 この「風に立つライオン」は、今なお、海外での支援活動や医療活動を志す若者にとっても、大切な楽曲となっている。今回の『SONGS』では、「風に立つライオン」を総勢50名のフルオーケストラで披露。そして、この歌に背中を押され、アフリカ・ケニアに旅立つ青年海外協力隊員を取材し、壮大なオーケストラの演奏と共に、この歌がつないできた“希望のバトン”の物語を大沢たかおの語りで伝える。

 さらに、話題のドラマ主題歌「夢見る人」と、グレープ時代の代表曲から「精霊流し」を披露。名曲の数々をたっぷりとお送りする。

関連記事リンク(外部サイト)

さだまさし「加山雄三さんは永遠に僕にとってのトップランナー」特番放送
大沢たかお、ケニアロケで竜巻に苦労 さだまさし、30年越しの映画化に感動
さだまさしの名曲「風に立つライオン」が28年ぶりにセルフカヴァー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP