ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立方体で家電を制御!スタイリッシュなスマートホーム用インターフェース「CUBE」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートホームという言葉が、当たり前になった昨今。それをコントロールするインターフェースのスタイルも、変わり始めているようだ。

その先陣を切ったのが、「CUBE」。ウッバダール大学のデザインチーム、family of the artsによって開発されたものだが、なんてことのない、黒い立方体にしか見えない。

「これで家電を制御するんです」と言ったら、誰もが驚くのではないだろうか。

・すべてをコントロールする四角い箱

スマートホーム用のインターフェースといえば、タブレットやスマホが一般的。

タップ1つで、電気が点いたり消えたりするだけですごいのに、箱なんかでどうやるの?と思うのは当然である。

しかし、そこが「CUBE」の特徴であり、面白いところ。持ち上げたり、軽く触れるだけで、室内の温度や照明の点滅をコントロールする。室温を上げたいときは時計回り、下げたければ逆に回せばいいだけ。

触る。上げる。回す。すべてユーザーの直感的な動作で完結するから、便利。スワイプやタップよりも、はるかに楽そうではある。充電はドッキングステーションで、簡単にできるらしいので、こちらも手間いらずだ。

・価格、発売時期は未定

料理をしながら、音楽を聴きたい。ディナーの演出に、少しだけ灯りを暗くしたい。そんなときは、「CUBE」を使えばいい。

調整のために、いちいち立ち回らなくて済むし、スマホでアプリを起動する必要もない。手元に置いた黒い箱が、あらゆるニーズに応えてくれる。

何よりもデザインにこだわったという本品。発売時期、価格は今のところ未定だが、ホームページから問い合わせることはできるので、興味のある人は、メールしてみてはいかがだろうか。

CUBE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP