ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Musicのプロモーションに23歳の音楽プロデューサー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

Apple Musicプロモーションにアップルが指名したのは、「ストリーミング」育ちの若手ノルウェー人プロデューサー、Kygo

世界から注目を集めているノルウェー出身の若手DJでプロデューサーのKygoとApple Musicは、定額制音楽サービスのプロモーションでパートナーシップを発表しました。

Kygoは、自分のキャリアが「音楽ストリーミングによって作られた」と説明する23歳のエレクトロニックミュージック・プロデューサー。SoundCloud、YouTube、Spotifyなどのサービスで作品を発表し、ファンを拡大してきた「ストリーミング世代」のアーティストです。

デビューシングル「Firestone」はSpotifyで2億回以上ストリーミング再生された他、昨年の大型EDMフェスティバル「Tomorrowworld」を健康上の都合で辞退したアヴィーチー (Avicii)の代役を務めるなど、音楽ファンや音楽業界から次世代のスターとして期待されています。

Billboardのレポートによれば、Apple Musicは、屋外でのプロモーション・キャンペーンや、動画コンテンツ、トラックのリリースなど、サービスの顔にKygoを起用。すでにApple Musicサイト上にはピアノを弾くKygoのビジュアルが登場しています。

KygoはApple Musicローンチを記念して、同じノルウェー出身のバンドA-Haの「Take On Me」のリミックスを制作、トラックは後日Apple Musicで配信予定です。

アップルのApple Musicコンテンツ担当ラリー・ジャクソン (Larry Jackson)は、

彼は素晴らしいDJでプロデューサーである以上に、感動的なミュージシャンです。大勢の人達がこの事実を見つけ始めています

と答えています。

SoundCloudに投稿したリミックスが人気を集めたKygoは、この数年でコーチェラや、Ultra Music Festival 2015のライブ・ヘッドライナーの一人として参加し始めるほど、短期間でその人気が世界的に増幅しています。この人気の波及度合いも音楽ストリーミングの可能性の一つと言えるでしょう。Goodbye, Bono。

■記事元http://jaykogami.com/2015/07/11626.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP