ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進行がんにも効果発揮する 患者の負担減の「IVR治療」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 病気の診断として、X線や超音波、CTやMRIなどの画像診断が行なわれている。これらの機器を使い、リアルタイムで体内を見ながら、カテーテルなどを挿入し、治療を行なうのがIVR(画像下治療)だ。狭窄(きょうさく)や閉塞した血管や胆管、気管の拡張や閉塞性動脈硬化症に対するステント留置などが行なわれている。傷口が小さく、患者の負担が少ない治療だ。近年IVRが、がん治療にも応用され、効果をあげている。

 日本医科大学付属病院放射線科IVRセンターの村田智准教授に話を聞いた。

「IVRのがん治療で、一般的に行なわれているのが、肝がんに対する肝動脈化学塞栓(そくせん)術です。脚の付け根の動脈からカテーテルを入れ、肝臓内のがんの近くまで持っていき、がん細胞に栄養を運ぶ血管に抗ガン剤を注入し、腫瘍が栄養とする血管を医療用ゼラチンで塞栓する治療です。塞栓することで、血管内の抗ガン剤の濃度が高くなり、がん細胞を攻撃することができるようになります」

 抗ガン剤が、がん細胞に正確に届いているかをチェックするために、血管内に造影剤を注入し、その流れをX線で撮影する血管造影とCTを合体させたアンギオCTシステムを利用する。がんを特異的に攻撃できるので、治療成績がよく、合併症が少ないのが特徴だ。

 この施設では、骨盤内の臓器に発生する進行した膀胱がん、直腸がん、子宮がんなどを対象に全国で唯一、閉鎖循環下抗ガン剤灌流療法を実施している。高濃度の抗ガン剤をがん細胞内で灌流させることで、がんを死滅させる治療だ。高濃度の抗ガン剤を直接がんに流す方法としては、以前から動注(どうちゅう)化学療法があった。

 しかし、抗ガン剤が一時的にがんに流れても、やがて全身を巡る。これでは正常細胞までも影響を受け、副作用の危険性があり、あまり実施されなくなっている。

「閉鎖循環下抗ガン剤灌流療法は、骨盤内に入る血流と出ていく血流を一時遮断して、骨盤内だけで血液が循環するような状態にしてから、高濃度の抗ガン剤を流す治療です。進行して手術ができない症例や再発などに対して治療を行なっています」(村田准教授)

 脚の動脈からカテーテルを入れ、腹部大動脈と下大(かだい)静脈の中でバルーンを膨らませ、骨盤内の臓器への血流を遮断する。同時に太ももをベルトで締めて、下肢に向かう血流も遮断する。そこに高濃度の抗ガン剤を動脈から流し、ポンプで鼠径(そけい)部の静脈に通した左右2本ずつの管から吸引して、再び動脈に戻す。

 これで抗ガン剤が骨盤内を灌流し、がんを攻撃することができる。流す時間は約30分で、処置後は血液透析で抗ガン剤を完全にろ過する。

 この他、膵がんや肝がんでも臓器への血流を遮断し、同様の治療を行なっている。副作用が少なく、高い有効性が確認されている。現在は自費診療のため、先進医療への申請を準備中だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
故・金子哲雄氏受けたがん先端治療「血管内治療」を医師解説
口腔がん 飲酒や喫煙、その他ウイルスなどを因子として発症
松田優作の死因・膀胱がんは今や取らずに治せる治療法が確立

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP