ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仮面ライダークウガ 一条さんのインタビューが胸熱! 全49話を無料配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『仮面ライダークウガ』1巻/(c)石森プロ・東映
2000年に放送された「平成仮面ライダー」シリーズの第1作目『仮面ライダークウガ』のコミカライズ作品第1巻が、7月4日(土)に発売。

それを記念して、東映の公式YouTubeチャンネル「東映特撮 YouTubeOfficial」では、TVシリーズの配信を開始。さらに、俳優のオダギリジョーさん演じる主人公・五代雄介とバディを組んで戦う警部補の一条薫を演じた葛山信吾さんへのロングインタビュー動画も公開された。

葛山さんのインタビューでは、TVシリーズ撮影当時の思い出やエピソード、また今回のコミカライズ版を読んだ感想。さらに漫画とTVシリーズとの違い、そして、クウガに対する想いなど『仮面ライダークウガ』について余すことなく語っている。

平成仮面ライダーの金字塔

『仮面ライダークウガ』は、TVシリーズとしては『仮面ライダーBLACK RX』から10年ぶりに制作された仮面ライダーシリーズ。

仮面ライダーが改造人間ではなくなったことや、一般ドラマの視点で警察とライダーの共闘を描くなど、従来の作品とは一線を画すような新設定が随所に盛り込まれ、大きな反響を呼び、その後のシリーズの礎を築いた。

現在、YouTubeでは第1話が公開されており、第2話が7月24日(金)10時、第3話、第4話は7月31日(金)10時より配信。以降、毎週金曜日10時から2話ずつ配信されていく。

一方のコミカライズ版『仮面ライダークウガ』は、放送から15年の時を経て『月刊HEROS』に連載中の作品。

「平成仮面ライダー」シリーズの脚本を数多く手掛ける脚本家の井上敏樹さんと、東映プロデューサー・白倉伸一郎さんというこれまで数々の名作を生み出してきたコンビによって創出された、現代に舞台を移した新しいクウガの世界を、漫画『ガンロック』などで知られる漫画家の横島一さんが描いている。

なお、文化放送にて放送中のラジオ番組「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」では、7月3日(金)に仮面ライダークウガ特集として、井上敏樹さんと白倉伸一郎さんがゲスト出演。

漫画版のクウガが生まれた経緯やリスナー・MCからの質問に答えるという。

(c)石森プロ・東映

引用元

仮面ライダークウガ 一条さんのインタビューが胸熱! 全49話を無料配信

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP