ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneが一眼レフに!ライトニングにさして使うカメラ「DxO One」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いつも持ち歩くiPhoneを最強のカメラに変身させられるガジェットが登場した。iPhoneのライトニングコネクタにさすだけで2020万画素の高品質写真が撮れるようになる「DxO One」だ。

・コンパクトだけど高品質

正確に言えば、DxO Oneそのものがレンズのついたカメラなのだが、DxO Oneには液晶モニターなどはなく、iPhoneにつなげることでカメラとして使えるようになる。

スペックは6.9×4.9×2.6センチ、重さはわずか108グラムとかなりコンパクトだが、高クォリティの写真を約束してくれる。

というのも、上記のメガピクセルに加え、イメージセンサーは1インチ、レンズは32mm/f1.8とハイエンドの一眼レフと変わらない。感度はISO100〜5万1200となっている。

・Rawモード撮影も

また、撮影モードもプログラムオート、絞り優先オート、シャッタースピード優先オート、マニュアルのほかに、4枚の画像を合成してきっちりと美しい写真にしてくれるRawモードなどまで搭載しているという力の入れようだ。

取り付けたDxO Oneは上下に60度まで回転させられるのも気が利いている。

・メモリとバッテリーを内蔵

これだけでも頼もしいが、DxO Oneは最大1080p/30fpsの動画撮影も可能で、これ1台とiPhoneでデジカメもビデオも兼ねてしまう。

写真や動画の撮影で気になるのがデータ量だが、DxO Oneでは撮影データを内蔵するマイクロSDカードに保存できる。独自のバッテリーで作動するので端末の電池を消耗しない点もメリットだろう。

現在、プレオーダーを受け付けていて、価格は7万9900円。デジカメやカメラの買い替えを考えている人は検討する価値があるかも?

DxO One

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP