ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファーウェイのSIMフリースマホ、新たに2機種登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファーウェイのSIMフリースマホ、新たに2機種登場ファーウェイは、SIMフリースマートフォン『HUAWEI P8lite』、『HUAWEI P8max』と、タブレット『MediaPad M2 8.0』、スマートバンド『TalkBand B2』が発表しました。
SIMロックフリーでオクタコアCPUを搭載しながら、価格も抑えられたモデル。先月、楽天市場内に直営の販売サイト「V モール」をオープンし、スマホや各種タブレットなどを販売開始しており、この『HUAWEI P8lite』と『HUAWEI P8max』も商品ラインナップに加わります。気になるスペックについて紹介します。

 
HUAWEI P8lite
ファーウェイのSIMフリースマホ、新たに2機種登場

HUAWEI P8liteは、厚さが7.7㎜と薄く、オクタコアCPUを搭載したモデル。フレームには立体感を演出してくれる表面加工がされており、また、背面にはヘアライン加工(研磨によりつけた長い筋目)が施されているので、ホールド感を与えてくれるだけでなく、高級感をしっかりと出す工夫が行われています。十分なスペックながら、公式サイトでの販売価格は送料込みで30,888円。コストパフォーマンスの高い1台です。  

 

HUAWEI P8max
ファーウェイのSIMフリースマホ、新たに2機種登場

HUAWEI P8maxは、6.8インチの大画面フルHDを搭載し、ファブレットに位置づけされるモデルです。4360mAh の大容量バッテリーを搭載し、10時間以上の連続動画再生が可能としています。発売は8月以降としており、税込64,584円。先に紹介したHUAWEI P8liteと比較すると割高に思えてきますが、オクタコアCPUとフルHDが採用されたもので考えると、こちらもお値打ち品であると言えるのではないでしょうか。

 
スペック比較表
HUAWEI P8liteとHUAWEI P8maxの主なスペックはコチラ。

機種名> HUAWEI P8lite HUAWEI P8max
OS Android 5.0 Android 5.1
CPU オクタコア
(1.2GHz) オクタコア
(2.2GHz
+ 1.5GHz)
RAM / ROM 2GB / 16GB 3GB / 32GB
バッテリー容量 2,200mAh 4,360mAh
画面サイズ 5.0インチHD
(1280×720) 6.8インチFHD
(1920 x 1080)
カメラ 背面:1300万画素
前面:500万画素 背面:1300万画素
前面:500万画素
通信方式 LTE:
B1/B3/B5/B7/
B8/B19/B28/
B40
3G:B1/B5/B6/
B8/B19
GSM:850/900/
1800/1900 LTE:
B1/B3/B7/B38/
B39/B40
3G: B1/B6/
B8/B19
CDMA: B34/B39
GSM: 900/
1800/1900
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n IEEE 802.11a/
b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth V4.0
+LE Bluetooth V4.0
+LE
SIM/SD
カードスロット [マイクロSIM
スロット] +
[ナノSIM/
microSD
共用スロット] [マイクロSIM
スロット] +
[ナノSIM/
Micro SD
共用スロット]

※SIM1 / SIM2両方同時にLTE/3G対応はできません。また、SIM2はGSM:900/1800/1900にのみ対応。

SIMフリースマホの場合、気になってくるのは対応するバンドの数です。それぞれの端末が対応するバンドを見ると、十分にあるように思えますね。それでは、ドコモとソフトバンクが提供するLTEバンドについて確認し、日本ではどの程度使えるかを見てみましょう。

  ドコモ ソフトバンク
Band1 ◯ ◯
Band3 ◯ ◯
Band8   ◯
Band19 ◯  
Band21 ◯  
Band28 △ △

※○は提供済、△は2015年以降に提供予定。また、auおよびau系MVNOには対応していません。

両端末とも、ドコモもしくは、ソフトバンクの通信網でのみ使用可能。HUAWEI P8liteとHUAWEI P8maxが共通で対応しているLTEバンドは、B1、B3、B7の3つで、うち2つにドコモとソフトバンクが対応しています。しかし、HUAWEI P8liteはドコモのB19に対応しているので、国内利用に関してはHUAWEI P8maxより広範囲で使えそうですね。一方で海外へ出かけることが多いという人は、HUAWEI P8maxを選択するのがスマートなのではないでしょうか。

※記事中の価格は全て税込み(8%)です

 (文:齋藤克久)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。