体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソロデビュー10周年! 三浦大知インタビュー「年を重ねるほど歌とダンスが楽しい」

三浦大知

Folder のメインボーカルとして1997 年にデビュー後、2005年3月にシングル「Keep It Goin’ On」でソロ・デビュー。日本武道館、横浜アリーナでのワンマンライブなど精力的に活動しているアーティスト・三浦大知。

ニコニコ生放送での特番や、ライブ中継なども行っており、ネットでも「歌唱力とダンスがすごすぎる!」と話題になる事、多々。日本を代表する実力の持ち主です。

そんな三浦大知が6月17日にニューシングル『music』をリリース。新境地とも言える、ポップでハッピーなミッド・ナンバーはこの季節にピッタリ! ”音楽(music)”に対する基本的で普遍的な思いを今あえて改めてストレートな歌詞にも注目です。今回ガジェット通信ではご本人にインタビューを敢行。シングルについて、デビュー10周年について、など色々とお話を伺ってきました。

三浦大知

―ニューシングル『music』、今の季節にピッタリな爽やかでポップな楽曲で、毎朝通勤する時に聴いてウキウキしています。これまでの三浦大知さんのとにかく格好良くてクールな楽曲とは少し違うな、と感じたのですが意識したのでしょうか?

三浦大知:ありがとうございます。僕の中では、「やった事無い曲をやろう」という特別な意識があったわけでは無く、いつもの通り「Good music」を作っていこうという中で生まれた曲ですね。ジャンルにとらわれず曲を作っていきたいなと思っているので。

デモは常にストックしていて、この『music』もベースは一年前に出来た曲です。ストックしているデモは6割がた完成している状態なのですが、この曲はタイミングがあえばすぐに出したいと思うほど、お気に入りの一曲なので、「日本工学院」のCMでも使っていただいて、今回シングルでリリース出来てとても嬉しいです。

―『music』というタイトルはまさに直球、という感じで、だからこその難しさもあったかと思うのですが、とにかく楽しい! という気持ちが伝わってくる楽曲になっていますよね。

三浦大知:自分自身が音楽と向き合う時の気持ちをメッセージにこめています。「音楽って理屈じゃなくて楽しい!」ということを表現したかったので、聴いてくださる方が楽しく、ハッピーな気持ちになってくれるのが一番嬉しいです。

―そうして心から“music=音楽”を楽しんでいるな、というのが三浦大知さんの楽曲を聴いたり、ライブを拝見しての感想なのですが、“music=音楽”を続ける一番のモチベーションというのはどんな事なのでしょうか?

三浦大知:そうですね。自分がマイケル・ジャクソンを初めて観た時の衝撃は今もずっと残っていて。マイケルって何をやってもマイケルで、とてもオリジナリティがありますよね。自分もいつかオリジナルな人になりたい、「三浦大知という音楽をオリジナルにしたい」という願いが、子供の頃から続いているのが一番です。後は単純に歌とダンスが楽しいからですね。子供の頃から何も変わっていないし、年をとればとるほどより楽しいと思っています。

―年々その楽しさが増していく、素晴らしい事ですね。今年はデビュー10周年という事ですが、何か特別なお気持ちはありますか?

三浦大知:それが、もう10年だなぁとしみじみしたりする事はあまりな無くて。一年一年自分のやりたいことを積み重ねてきたら10年経っていた、という感じでしょうか。ただ、10年続けてこれたっていうのは、自分一人のせいでは無くて周りに支えられて、ファンの方の応援があっての事なので、本当に自分は幸せだなと思います。

すっごくありきたりな言葉なんですけど、長かった様で短かった不思議な感覚です。年月を早く感じるというのは充実していた証拠なので、今はその幸せを噛み締めつつ、これからの10年がまた楽しみだなという気持ちです。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy