ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全長362mの世界最大の客船 容積トン数は日本の飛鳥IIの5倍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 海に浮かんでいなければ、とても船には見えない──。米国船会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが建造中の客船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」が、フランス西部のサン・ナゼールの港に姿を現わした。

 建造費に13.5億米ドル(約1670億円)をかける同船は、完成すれば容積トン数約22万7000トン、全長362メートルになる予定で世界最大。日本最大の客船「飛鳥II」が約5万トンなので、いかに巨大かがわかる。

 船内施設もスケールが大きい。3階分の高さを誇るウォータースライダーやピクニックが楽しめる緑地公園、飛び込みショーが行なわれる円形劇場、ロボットバーテンダーが踊りながらカクテルを作るバーなどが揃い、まるでアミューズメントパークのようだ。

 客室数は2747室で、収容人数は乗客6360人。乗員を加えると定員8000人を超える。来年5月にはイギリスのサウサンプトンからスペインのバルセロナまでを初航海する。船会社のオンラインサイトを見ると夏の西地中海7泊クルーズは約13万円~。一度は乗ってみたい憧れの客船だ。

※週刊ポスト2015年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
豪華客船の世界一周クルーズ 出航前に米15トン他を積み込む
日本の豪華客船 2015年の世界一周クルーズが2週間で完売に
「海のLCC」格安クルーズに注目 上海・東京3泊4日で3万円~

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP