ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なでしこジャパン ドラマにたとえれば『おしん』+『篤姫』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今回のW杯でも健闘しているなでしこジャパン。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所の山下柚実氏の目にはどう映っているか。

 * * *
 いよいよW杯も佳境へ。ベスト4まで勝ち上がってきた、なでしこジャパン。振り返れば、楽な勝利なんて一つも無かった。今大会の5試合はいずれも1点差で勝利。耐えて耐えて、泥臭く勝ち残ってきた。「根気強いことが、なでしこの個性です」と佐々木則夫監督も言う。

 サッカー観戦にはいろいろな楽しみ方がある--そう気付かせてくれるのも、女子サッカーの魅力。楽しみ方の一つが、「お国柄鑑賞」。女子サッカーは特に、プレースタイルにその国の個性が滲み出ている。

 例えば、アメリカの女子チームは、突出した力を持つ選手が前へ前へと積極的に走る。そしてゴールを狙う。身長180センチ、空中戦に抜群の強さを持つワンバック。スピードのある鮮やかな走りこみのモーガンと、個人の力が勝利を引き寄せる。最大限の身体能力とパワーを備えた選手が、膠着した局面を力で切り開いていく。

 常日頃、テレビドラマの配役や演技・演出をめぐってコラムを書いている私としては、女子サッカーを観ていると、ふとドラマにたとえてみたくなるのです。

 アメリカの女子チームは、さしずめ『24-TWENTY FOUR-』か。みなさんご存じの『24-TWENTY FOUR-』は激しいアクション、リアルタイムの進行で知られるドラマ。

 画面に刻々と進む時間が表示され、この先どう展開するかわからない。ハラハラドキドキ。国家的な危機に対して、正義感の強い孤高のヒーローが斬り込み、困難な状況を打開していく--アメリカ女子サッカーのスタイルに、どこか通じるものがある。

 一方、なでしこが2日の準決勝で対決する相手・イングランドは、規律に支えられたチーム。約束事をきっちりと守り、乱れない守備の陣形。フォワードとディフェンスがそれぞれの役割を分担し、仕事をこなしていく。

 それをドラマにたとえれば……貴族の大邸宅で、多くの使用人たちがそれぞれ違う仕事を遂行していくシーンが印象的な、英国ドラマ『ダウントン・アビー』。伯爵家の大邸宅はまるで広大なピッチ。目に見えない所できっちり仕事をする人がいて初めて、暮らしは滞りなく回っていく。イングランド女子サッカーは、このドラマの登場人物たちのように「自分の役割」に忠実で規律的です。

 では、なでしこジャパンはどんなドラマ?

 選手たちは伝統工芸の職人のごとく、地道に細かい努力をコツコツと積み重ねてきた。耐えて耐えて1点をもぎ取っていく。そして逆境でこそ発揮される、泥臭い強さ。ドラマにたとえれば『おしん』かも。ただし『おしん』に忍耐話はあっても、なでしこたちのもう一つの面「華やかさ」や「美しさ」がない。

 ピンク色のスパイク、弾むポニーテール、冷静な表情と輝く瞳。なでしこの明るさ。だとすれば…『おしん』の忍耐物語に、『篤姫』や『ベルサイユのばら』の優雅さ、華やかさ、躍動感を加えたい。

 そして今回のなでしこには注目すべき新戦術が。その名も「なでしこトレイン」。みなさん目撃したことでしょう、ゴールネット前でのセットプレーの際、縦一列に並んで布陣を作る奇妙な姿を。まるで、子どもの電車ごっこ。これが相手を攪乱する。

 ずらりと一例に並ばれてしまうと、次に日本の選手がどう動くのかが予測できない。マンツーマンでディフェンスをしようにも、とまどう。「煙に巻く」という意味では、『忍者ハットリくん』か。

 と、この原稿を書いている段階では、まだ7月2日のイングランド戦の結果は未知数です。どうか、なでしこの「ドラマツルギー」が決勝戦で頂点まで上り詰めますように。心から祈ります。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
強豪・なでしこJAPAN 昼は「農家」「仲居」「レジ打ち」
なでしこ 協会が選手の海外移籍支援しリーグの集客力が低下
佐々木則夫監督 協会から澤抜きのなでしこ作れと期待される

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。