ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なでしこ 協会が選手の海外移籍支援しリーグの集客力が低下

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今回のサッカー女子W杯の活躍もめざましいなでしこジャパン。ただ、女子サッカーには課題も多い。日本サッカー協会によると、2014年度の女子選手の登録数は全国で4万8300人で、小学生は1万9380人だが、中学生になると一気に半減して1万人となる。これは、女子サッカー部のある中学校が全国に511校しかなく、サッカー少女たちの受け皿が途端に少なくなることも影響している。

 そして、トップリーグである「なでしこリーグ」にも問題がある。澤穂希ら7人がプロ契約をし、残りの選手も運営会社社員として契約する「セミプロ」契約をするなど待遇の良いINAC神戸に有望選手が集中し、他チームとの戦力差は広がるばかりだ。

「将来を期待される選手ほど神戸入団を目指しますが、神戸では出場機会に恵まれないため、伸び悩んでしまう選手が少なくないという弊害もある。それが日本代表の世代交代を阻害している一因になっている」(女子サッカー関係者)

 W杯で優勝した2011年、なでしこリーグの観客動員数は前年の約8万人から約20万人に急増。2.5倍に伸びたが、その半数の約12万人が有名選手の多い神戸戦での動員だった。神戸への一極集中ぶりを如実に表わす数字である。だが、この時のなでしこリーグ人気は一過性で、今では優勝前の水準に逆戻りしている。

「なでしこの底上げを図ろうと、協会は海外でプレーする選手のバックアップに取り組みました。川澄奈穂美や熊谷紗希、安藤梢、宇津木瑠美、岩渕真奈などが海外に出ましたが、皮肉なことにそのこともなでしこリーグに客が集まらない原因になった」(前出・女子サッカー関係者)

「2014年スポーツマーケティング基礎調査」によれば、なでしこジャパンのファンは2012年の4074万人から2014年には2124万人とほぼ半減している。

 なでしこリーグの人気が高まらないだけでなく、なでしこジャパンの人気の陰りは、女子サッカーを志す少女たちが減っていくことにつながりかねない。

「勝ってよかった」で終わってはいけない。今回のW杯が再度の起爆剤となるか、今度こそ日本女子サッカーの正念場である。

※週刊ポスト2015年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
強豪・なでしこJAPAN 昼は「農家」「仲居」「レジ打ち」
佐々木則夫監督 協会から澤抜きのなでしこ作れと期待される
なでしこ川澄の移籍願望 澤穂希の3分の2の年俸が原因との声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP