ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箭内道彦VS.TOSHI-LOW!舞台挨拶がメチャクチャすぎる【ほぼ全文書き起こし】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

箭内道彦VS.TOSHI-LOW!舞台挨拶がメチャクチャすぎる【ほぼ全文書き起こし】

今年20周年を迎える日本を代表するロックバンド・BRAHMANを描いた話題のドキュメンタリー映画『ブラフマン』。7月4日(土)より公開となる同作の完成披露先行上映会が6月30日(火)、新宿バルト9で行われ、監督の箭内道彦とBRAHMANのボーカル、TOSHI-LOWが舞台挨拶に登場、その内容がとにかく面白すぎたので、ほぼ書き起こしでお届けしたい。

箭内「前の東京オリンピックの年に生まれました。シーチキン食堂のCMの監督してます、箭内道彦です」

TOSHI-LOW「けっこう年上なんだね(笑)シーチキン食堂で漁師やってます、TOSHI-LOWです」

…という超マイペースな挨拶で始まった挨拶から、さっそく質問コーナーへ。劇場に駆けつけたファンからのユル~い質問に対し、2人が赤裸々に回答した。

箭内「TOSHI-LOWさんに質問です。今までの(お子さんへの)お弁当作りで、自分の中で会心の出来だったものは何ですか?」

TOSHI-LOW「アレだね、つけ麺。班のみんなが二度見したって言ってた(笑)」

箭内「”今までのアルバムはベストじゃねーの?”と某バンドを否定していたTOHI-LOWさんですが、今回BRAHMANがベストアルバムを出すことになった経緯を教えて下さい(笑)」

TOSHI-LOW「ベスト…ですよ、いつまでもベスト。てか、そんなこと言ったっけな?(笑)。別に自分で作ろうと思ったわけじゃなくて、20年分の作品を並べて聞きたいってレコード会社が言うから、それはどうぞっていうさ」

箭内「でも、ちょっとした印税が入ったりして嬉しいでしょ?」

TOSHI-LOW「そういう話じゃないでしょ(笑)。嬉しくないことはないけど、印税のためにやってるわけじゃないですよ。CDなんて売れねーし。やっぱりアレでしょ、CMの世界は儲かるでしょ?(笑)。企業からガッポガッポもらってさ」

箭内「そ…んなこともないですよ」

TOSHI-LOW「そうなの? 俺なんてシーチキン2箱くらい送られてきただけだから。いろんな種類あるんだね、あれ(笑)」

箭内「よし、次の質問(笑)。ハードでストイックなライブを見ると、いつか本当にステージ上でTOSHI-LOWさんが死んでしまうのではないかと不安になる時があります。そこで質問なのですが、ライブで疲れた体や、日頃から体を労る活気づける健康法などを実践されていたら教えていただけますでしょうか」

TOSHI-LOW「疲れたなと思ったら、走る」

箭内「そうそう、俺ずっと撮影してても、ライブ終わったあと声も出なくてぐったりしてるでしょ? でも、ちょっとすると走りに行くんだよね」

TOSHI-LOW「ここで俺はもう全部使っちゃったな…と思ったとこより上に行けば余裕が出るじゃん、て思うから、そのリミットを越えていくっていう考え方でやってて。たぶん無理してるからポックリ逝くな(笑)」

箭内「映画の中でもトレーニングしてるシーンが出てくるんだけど」

TOSHI-LOW「タクティクス(事務所)でのキックのミット打ちね」

箭内「なんでやるんだろうなー? と思って見てたら、風邪ひいて体がつらいと。ちょっとダメかもしんないからトレーニングすると。あれは驚いた。同じ考え?」

TOSHI-LOW「そう。風邪の菌を、もっと自分が疲れることでやっつけられればいなと思って」

箭内「やっつけたの?」

TOSHI-LOW「いや風邪ひいた(笑)」

箭内「次の質問。新しいことを始めるときに不安はないですか? あるとすればどうやって1歩を踏み出していますか?」

TOSHI-LOW「不安だらけだよね」

箭内「そうだね。でも俺ね、不安について詳しく考えない才能があって。たとえば、この映画も撮れって言われてね、まあ不安ですよ」

TOSHI-LOW「知ってますよ、横で見てましたからね(笑)」

箭内「考え過ぎちゃうと撮ることもできないっていうか、きっと寝られないし、怖いし。そのときに、あまり何も考えないで撮り始めることができたのは”変わってんな俺”って思いました」

TOSHI-LOW「たださ、俺らが”これどうなんですか?”って聞いたときに”全然わかんないし超不安だよね”とか言うのやめてもらっていい?(笑)。撮られてる方はすごい不安じゃん。あなたが帰ってから”あの人毎日来てるけど、これ絶対映画になんないよね”って(笑)」

箭内「でも今日、上映するわけですから」

TOSHI-LOW「俺観てねーから分かんないもん。ホントに完成してんの? 途中でブツッ…とか(笑)」

箭内「完成してる。してるよね?(笑)」

阿刀 “DA” 大志「映画を撮られての感想と、今日はじめてお客さんに観ていただくわけですけども、今の率直な気持ちを聞かせてください」

箭内「1ヶ月くらい前に完成して、その時は映画撮ったってことを誰にも言わないって決めてたの。恥ずかしいし、良いのか悪いのか全然わかんないからね。だんだん試写会とかやったら、そんなにヒドいもんじゃないって声をもらい始めて、ちょっとだけ自身がついてきた、今日この頃です(笑)」

TOSHI-LOW「そんなに自信ないの? 今日、大丈夫?(笑)」

箭内「だって8割が白バックのインタビューシーンですよ、そんなの(他に)ないよねえ。あと、俺がけっこう写っちゃってる(笑)。鏡とかガラスとかに大体映り込んでる。話も俺が遮っちゃってるし(笑)。あれは怒られるよね」

TOSHI-LOW「”ありのままの箭内道彦”を見ちゃってると(笑)」

箭内「箭内の金髪を観に来たんじゃない、って反応あったら嫌だなーって」

阿刀 “DA” 大志「主題歌『其限(それきり)』が大きなポイントになってると思うんですが、この曲に込めた想いを聞かせていただければ」

TOSHI-LOW「まずポイントになってるかどうかもわかんないしね。映画のどこで流れるかも知らない」

箭内「ホントに観ないわけ、TOSHI-LOWは。ノーチェックなの。”これは俺らの作品じゃないから、なんにも言わないよ”って最初に宣言してくれたんで、やりやすくもあり、プレッシャーでもあり」

TOSHI-LOW「『映画 ブラフマン』ってタイトルだけど、面白くなかったとしたら箭内道彦の責任だから。だから主題歌作れって言われてもさ、どんな映画になるか分かんないじゃん。毎日(現場に)来てボヤッとしてさ、”これ使うの?”って聞いても”わかんない”ってさ(笑)。そんなのテーマにして曲なんて書けないじゃん。そういう中で最後にテーマもらうんだけど…そのへんは入ってるの?」

箭内「そのメールは映してる」

TOSHI-LOW「じゃあネタバレになるから言わないほうがいいじゃん。聞くんじゃねーよ(笑)」

阿刀 “DA” 大志「失礼しました(笑)」

箭内「たぶん色々言っても分かりづらい映画だから…1回観ただけじゃ分からないかも?」

TOSHI-LOW「ラブロマンスではないんだよね?(笑)」

箭内「『映画 ブラフマン』と『映画 ラブライブ!』と似てるなって(笑)」

TOSHI-LOW「タイトルだけでしょ! そういう便乗商法みたいなのやめてもらっていいですか(笑)」

箭内「あっち結構ヒットしてるからね。今日も間違って入ってきたお客さんいらっしゃいますよ、多分(笑)」

阿刀 “DA” 大志「ここで、配信中のニコ生に寄せられている質問を拾っていただいて…」

TOSHI-LOW「”なんでそんな髪型?”って、うるせーよ。映画になるって分かってたらこんなパーマかけてないよ俺だって(笑)。さっきから俺の髪型への露骨なダメ出しばっか。質問じゃねーよ(笑)」

箭内「さっき”ポスターの写真は何してるのか”っていう質問が見えた。あれは福島の<Out Line>てライブハウスなんだけど、終わった後にお客さんがみんな帰るまで待ってるしかないハコなんだよね。で、最初はみんなグッタリしてるんだけど、お客さんの様子を見てるんだねTOSHI-LOWは。ロンちゃんはケータイで『ぷよぷよクエスト』やってる(笑)」

TOSHI-LOW「もっと映画っぽい写真なかったの? 後ろで火山が爆発してて、みんなでジャンプしてるとかさ(笑)」

箭内「これ特に何もね、起きない映画なんですよ」

TOSHI-LOW「SFじゃないんだね。CGは使われてないんだね(笑)」

阿刀 “DA” 大志「それでは最後にメッセージをお願いします」

箭内「BRAHMANが嫌いな人は、多分ちょっと好きになるんじゃないかなと思うし、BRAHMANを知らない人も、何か色んなことを考えるきっかけになってくれればいいなと。BRAHMANを好きな人は、昨日よりも観た後のほうが好きになると思います、特にロンちゃん。TOSHI-LOWはどうか分かんない」

TOSHI-LOW「みんなに言われるんだよ、”TOSHI-LOWが観たら傷つくかもしれないよ”って。もう観たくねえなと思って(笑)。観たほうがいいのかな?」

箭内「これだけ大きなところで観られるって、なかなかないでしょ」

TOSHI-LOW「そうだね。皆さんと一緒で、今日はじめて観るので何も分からないままなんですけど。箭内さんがずっと撮ってたカメラに詰まってるものは、自分たちとしてはどこを切られても恥ずかしいものでもないし、隠すものでもないし。まあ、どう切られてるかは分からないんで、途中で俺が席を立ったら、そういうことなんだなと思ってもらえればいいかなと思います(笑)」

箭内「いやいや、そんな切ってないよ。そのままですよ(笑)。出し過ぎって言われたくらい」

TOSHI-LOW「ほんと? まあ楽しみにしてます。文句は観た後に言いますね(笑)」

箭内「やだなあ(笑)」

映画『ブラフマン』は7月4日(土) 新宿バルト9ほか全国公開

https://youtu.be/1whMXP0BNjQ

https://youtu.be/jx-gqVt8Z_k

■参照リンク
映画『ブラフマン』公式サイト
http://brahman-movie.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ブラフマン』箭内道彦監督に直撃、BRAHMANとの出会いと関係性とは【前編】
巨大バッファローVSシカ!男には敗北と分かっていても闘わなきゃいけない時がある
BRAHMAN20周年!TOSHI
ライブ中に客席から飛んできたドリンクをキャッチして飲み干す!ロックスターがカッコいい
昔のX JAPANを再現したトリビュートバンド「X

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。