ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、米国で「S6 EDGE+」を商標出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が米国で「S6 EDEG+」という Galaxy S6 シリーズのスマートフォン用とみられる名称を商標出願していたことが明らかになりました。この商標は、6 月 26 日付けで出願されたもので、おそらく、以前より今夏に発表されると噂の Galaxy S6 edge の大画面モデル「Galaxy S6 Plus / S6 edge Plus」に割り当てられると予想されます。Galaxy S6 Plus / S6 edge Plus は既にダミー端末が中国のアクセサリーメーカーによって制作されたり、筐体サイズが伝えられていたり、様々な情報がネット上を飛び交っています。今回は S6 EDGE+ という商標を Samsung が取得しようとしていることが判明しただけで、具体的にどの機種に割り当てられるのかは定かではありませんが、ネーミングからして、Galaxy S6 edge の上位モデル、あるいは大画面モデルを準備していることは明白だと言えます。Source : USPTO


(juggly.cn)記事関連リンク
TOKYO MX、テレビ番組の映像をネット経由で視聴できるAndroidアプリ「エムキャス」をリリース
LGが5.2インチの「G4S」を7月中旬に発表するとの噂
NTTドコモ、「Xperia A2 SO-04F」のソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP