ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』一夜限りの爆音先行上映会が7/22(水)に開催決定!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベル・アンド・セバスチャン、フジロック来日&映画公開記念!『Belle and Sebastian Live From Hostess Club Weekender』&映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』一夜限りの爆音先行上映会が7月22日(水)に開催決定!

いよいよ開催まであと1ヶ月と迫ったフジロック・フェスティバルで来日が決定しているベル・アンド・セバスチャン。さらにスチュアート・マードックが監督を務めた映画がいよいよ8月1日(土)より全国公開される。
これらを記念し今年2月のライヴ・ドキュメント、「Belle and Sebastian Live From Hostess Club Weekender」と映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』の一夜限りの爆音先行上映会が7月22日(水)に渋谷クラブクアトロで開催されることが決定!
来日&映画公開直前に開催されるこのイベント、ライブと映画を同時に爆音で体感できるスペシャルな一夜となる。

ベル・アンド・セバスチャン『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』公開&フジロック来日記念
『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』&『Belle and Sebastian Live From Hostess Club Weekender』 一夜限りの爆音先行上映会

日時 / 会場:7月22日(水)渋谷クラブクアトロ
18:00開場 / 19:00開演(22:00終演予定)

企画制作:boid / HOSTESS
協力:アットエンタテインメント

チケット販売情報
前売券2,500円 / 当日2,800円(税込 / 整理番号付 /別途1ドリンク500円)

7/4(土)12:00〜7/6(月)18:00 先行受付期間
QUATTRO WEB:http://www.club-quattro.com/
e+:http://eplus.jp

7/11(土)一般発売スタート
プレイガイド:
e+ / ローチケ.com / チケットぴあ
※チケット販売情報詳細は下記サイトへ
http://www.bakuon-bb.net/

注意事項:
※開場時間を過ぎますと、整理番号は無効となります。
※席数には限りがございます(150席)。自由席のため入場順によっては立見となります。
※約50分間のライブ・ドキュメント上映の後、映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』を上映いたします。
問い合わせ:渋谷クラブクアトロ 03-3477-8750


© Kazumichi Kokei
『Belle and Sebastian Live From Hostess Club Weekender』
2015年/約50分予定/日本/デジタル/日本語字幕なし/提供:Hostess Entertainment
収録日時 / 場所:2015年2月21日(土) Hostess Club Weekender@Studio Coast
© 2015 Hostess K.K. All Rights Reserved.


『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』
2014年/111分/イギリス/デジタル/英語/原題: God Help The Girl/配給:アット エンタテインメント
監督・脚本:スチュアート・マードック/製作:バリー・メンデル/出演:エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンデル、ハンナ・マリー
© FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012

来日公演情報
フジロック・フェスティバル’15
2015年7月25日(土)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
Info:http://www.fujirockfestival.com/


アーティスト:Belle And Sebastian(ベル・アンド・セバスチャン)
タイトル:Girls In Peacetime Want To Dance(ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス)
レーベル:Matador / Hostess
リリース日:絶賛発売中!
品番:BGJ-10229
※初回仕様限定盤のみ応募特典付きハガキ封入、ボーナストラック4曲、歌詞対訳(山下えりか)、ライナーノーツ(妹沢奈美)付

トラックリスト
1. だから僕は歌う(原題:Nobody’s Empire)
2. アリー 〜絶望への処方箋〜(原題:Allie)
3. ザ・パーティー・ライン(原題:The Party Line)
4. ザ・パワー・オブ・スリー(原題:The Power Of Three)
5. だれかが最後に微笑んで(原題:The Cat With The Cream)
6. シルヴィア・プラス(原題:Enter Sylvia Plath)
7. 永遠の詩神(原題:The Everlasting Muse)
8. パーフェクト・カップルズ(原題:Perfect Couples)
9. 信じたこと、ある?(原題:Ever Had A Little Faith?)
10. 本日のシナリオ(原題:Play For Today)
11. ザ・ブック・オブ・ユー(原題:The Book Of You)
12. あの頃、僕は…(原題:Today (This Army’s For Peace))
13. ボーン・トゥ・アクト(原題Born To Act)(*)
14. トゥー・バーズ(原題Two Birds)(*)
15. ピギー・イン・ザ・ミドル(原題Piggy In The Middle)(*)
16. ア・ポリティシャンズ・サイレンス(原題A Politician’s Silence)(*)
*日本盤ボーナストラック

※アルバム『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』iTunes配信中!
リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/girls-in-peacetime-want-to/id928343472?at=11lwRX

Belle And Sebastian(ベル・アンド・セバスチャン)
96年、スチュアート・マードックを中心にスコットランドはグラスゴーにて結成。インディ・ギター・ポップの流れを汲んだサウンドと珠玉のメロ ディが生み出すハーモニーで、唯一無比の地位を確立。数多くの作品をUKチャートに送り込んだ。また、マーキュリー・プライズやブリット・アワー ドなど数多くの名誉に輝いており、高い評価を得ている。その人気は衰えることなく、現在も多くの人々を虜にしている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP