体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ、365日アボカドを食べるべきなのか?米医学博士が語る「5つの理由」

150701_shouldeatavocado

アボカドの原産地は中南米。古代アステカ人たちは、この実に“生命の果実”を意味する「アファカト(アボカドの語源)」と名付け、好んで食べていたようです。
「世界で一番栄養価の高い果物」とギネスブックも認めるアボカドが、体にいいことは言うまでもありません。では、なにがどう体に影響してくれるのか、栄養学の専門家で医学博士のFrank Lipman氏が「mindbodygreen」にその驚異のパワーを解説しています。読めばもっと好きになるはず。

shutterstock_267875810

アボカドは本当に自然が生んだ奇跡のような食べ物。週に何度かは、食べることをおすすめします。この緑の宝石は、あなたの体を頭のてっぺんからつま先まで健康にしてくれます。食べないなんてもったいない。アボカドのことについてもっと知ったほうがいい。そしてもっと頻繁に食べた方がいい。あなたにそう思わせる理由を紹介します。

01.
食べても太らない!
満腹感を持続させる

shutterstock_222606016

これ以上、脂肪分の恐怖に追われることはありません。もしも、あなたが「アボカドを食べたら太る」という、80年代の生き残りのような誤った信念を抱いて避けているのなら、それは見当違いというもの。
オリーブオイルにも含まれている“体にいい脂肪”「不飽和脂肪酸」は、アボカドにも豊富に含まれています。この脂肪酸は、血液をサラサラにしてくれる善玉コレステロールを増やし、心臓を健康的に保ってくれます。

さらには、豊富な食物繊維もアボカドの代名詞、適度に食欲も抑えてくれるのも女性に人気な秘訣。カリフォルニア州ロマリンダ大学公衆衛生学部の研究データから、アボカドを含んだ食事をすると、アボカド抜きの食事よりも満腹感が持続することが判明。間食をセーブするのに日々のアボカドが効果を発揮してくれるといえます。

02.
18種の必須アミノ酸
14種を超えるミネラル分

shutterstock_244392034 (1)

他のスーパーフードがそうであるように、重要なのはその中身。とくにアボカドは栄養の宝庫です。あなたの体を力強くする健康増進栄養素がたくさん。不飽和脂肪酸だけでなく、カルシウムや亜鉛を含む18種類の必須アミノ酸と、14種以上のミネラルが含有される果物は他にありません。
さらには過剰なコレステロールを体の外に排出する食物繊維質。ポリフェノール、カロテノイド、オメガ3脂肪酸、ビタミンB、C、E、K…これ以外にもまだまだあります。

03.
体と脳が同時に
疲労回復できる

shutterstock_105910181
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。