ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーリー・レイ・ジェプセン、洋楽チャート1位に返り咲き! ウィズ・カリファ首位最長記録更新ならず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」がビルボードジャパンの洋楽チャート“Hot Overseas”1位に返り咲き、9週にわたり1位を死守したウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」から王座を奪った。

 5月26日にニュー・アルバム『エモーション』がリリースされ、リリースに合わせ来日したことを受け、3度目となる洋楽チャート1位となったカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。来日とともにラジオを含むメディア露出が増えたことで、今週エアプレイ・チャートでは2位を記録、デジタル・セールスも先週に比べ大幅に増加。アルバム『エモーション』は初登場8位を記録、洋楽勢ではダントツのトップに輝き、その人気を見せつけた。

 2位にジャンプアップしたのはベックの「ドリームズ」。エアプレイ・チャートで先週27位から2位へとランクアップしたことで、洋楽チャートでも自身初となるTOP3圏内にランクインした。YouTubeの再生回数が洋楽勢の中でトップをキープし続けているものの、チャートイン16週目に入りエアプレイ・ポイントとツイート・ポイントが下降を続けるウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」は今週3位に終わる結果となった。

 TOP20圏外から11位にランクインしたのは、今年デビュー25周年を迎えるマライア・キャリーによる「インフィニティ」。米ビルボード・シングル・チャートで1位を記録した楽曲を集めた究極のオール・タイム・ベスト『#1インフィニティ』に収録された唯一の新曲で、アルバムのリリースとともにエアプレイ・チャートで大ジャンプアップを果たしたことで、再度ランクインした。続く12位にはジャマイカ出身のオーミによる「チアリーダー」が初登場。ヨーロッパでは既に大ヒットとなっており、米ビルボード・シングル・チャートでも遂にTOP5入りを果たしたこの曲。昨年夏に大ヒットしたマジック!の「ルード」を彷彿とさせる、レゲエとポップを融合させた耳馴染みのいい、夏にピッタリなナンバーで、ここ日本でも早ミミな洋楽リスナーたちから注目を浴びつつある。

関連記事リンク(外部サイト)

7月6日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
NEWS「チュムチュム」3指標で1位、大差でビルボード総合首位獲得
Hey!Say!JUMP、セールスでの強さを見せつけアルバム複合チャート制覇!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP