ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

打楽器ハングドラムをデジタル化した「Oval」の音色が美しい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽の分野でもITの活用が進んでいる。Techableではこれまで、スマートフォンと連携するポータブル鍵盤Keysや、さまざまな楽器に変身するArtiphonなどを紹介してきた。

そして今回取り上げる「Oval」もそうした新鋭の楽器で、打楽器ハングドラムをデジタル化したものだ。音をPCなどに転送できるようになっているので作曲・編集も楽しめる。

・センサーが強弱を感知

名称のOvalは「円形」を意味し、外観はUFOのよう。モデルとなっているハングドラムのように、表面を手でたたいたりなぞったりすることで音が出る仕組みだ。

ハングドラムもそうだが、Ovalは触れる場所や力の加減で音色が変わる。表面にセンサーが埋め込まれ、たたく強弱などを感知してそれを音につなげている。感度などはアプリ(iOS、Android)で調整できるとのこと。

・MIDI対応、PCで編集も

ただ普通に音を鳴らして楽しむのもいいが、演奏をスマホなどに録音し、友達と共有するのもいいだろう。

また、OvalはMIDI規格に対応していて、音をモバイル端末やPCなどに取り込んで好きな音楽ソフトウェアで編集もできる。なので、素人からプロまで楽しむことができそうだ。

・持ち運んでどこでも演奏!

大きさは直径42センチ、中心部の厚さは12.5センチ。重さは3.1キロとややあるが持ち運びの許容範囲内だろう。

Ovalは現在、資金調達サイトKickstarterでキャンペーン(7月12日まで)を展開中。すでに目標額を達成したので商品化は確実となり、今なら499ユーロの出資で入手できる。

新しい楽器を試したい、音をクリエイトしたいという人は、まずはサイトでOvalの美しい音色をチェックしてみてはどうだろう。実演動画はこちらで視聴できる。

Oval/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP