ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩分多カップ麺 高血圧の人が食すにはスープ捨て湯入れ直す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高血圧を改善する食事は、食塩と動物性脂肪の摂取を控えつつ、高血圧を抑える栄養素や食材を、どうバランスよく摂るかがポイント。東京女子医科大学の循環器専門医である渡辺尚彦さんはこう解説する。

「特に重要なのが、塩分をしっかりコントロールすること。毎日の食事で家族の健康を預かるお母さんは、減塩に工夫をこらし、日頃から家族の舌を薄味に慣れさせることが大切です。

 子供時代に培われた味覚は、大人になってからの食生活をも左右しますから、それは“わが子が将来、生活習慣病にかかりやすくなるかどうか”にもつながる、非常に重要なことだと知っておいてください」

 そのためには、調味料の分量をしっかり認識して使うことが第一歩。おすすめなのは、以下の方法だ。

【1】塩・しょうゆだけに頼らず、酢やしょうが、辛味など、香辛料や香味野菜で味つける。

【2】減塩調味料を利用する。

【3】煮物は、砂糖の量を減らすと、塩・しょうゆの塩味も減らせる。

 ぜひ今日の夕食から取り入れてみて。

 身近な加工食材の塩分量を知り、たとえば焼き魚を塩蔵品から生魚に替えるなど、加工食品を控えるのも、有効なアプローチ。どうしても食べたいなら、こんな工夫も一手。

「カップ麺は塩分が多く(6.9g)、スープを残したとしても、結構な塩分摂取量になってしまう。

 どうしても食べたいなら、スープを捨てて、そこにお湯を入れ直して食べるのです。そうすると、全体に味が染みわたりつつも、ほんのりした薄味になります。減塩は、“習うより慣れろ”です」

※女性セブン2015年7月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
食品表示の「ナトリウム量」は塩分量ではない 計算式紹介
野菜と果物中心の食生活で奇跡の若さを手に入れた55才女性
カレーのカロリーOFF ルー減らしコク出して具材でカサ増し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP