ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】2015年7月1日午前8時59分60秒の瞬間を撮影してみた結果 / うるう秒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地球は自転を繰り返すうちにブレが生じ、わずかに時間がズレる。その誤差を修正するために作られたのが「うるう秒」だ。

・歴史的な現象
2015年7月1日は、午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が挿入される。その1秒が「うるう秒」なのである。たった1秒間だが、歴史的な現象であることは間違いない。

午前8時59分59秒
午前8時59分60秒 ← うるう秒
午前9時00分00秒

・うるう秒が追加されているのか検証
そこで今回、うるう秒が発生する瞬間を動画で撮影し、どのような現象が発生するのか確認してみた。撮影したのは、NTTが提供している時報サービス(117番)。電話をすると、時間を教えてくれるサービスである。そこに電話をして「うるう秒が追加されているのか検証」をしてみた。

・本当に1秒多かった!
すると、確かにプラス1秒追加されていた!! 本当に1秒多かった! 地味だけど凄く感動!! ちゃんと音を数えないとわからないが、しっかり数えて1秒多いことがわかった。地球のブレが修正されて良かった良かった。

https://youtu.be/9jOO9iu3QyU

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/01/leap-second/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP