ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IIJが説く、格安SIM安さの理由とSIMフリーユーザの利用動向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットイニシアティブ(IIJ)は6月29日、MVNOに関する記者勉強会を開催。MVNOの仕組みや、いわゆる“格安SIM”が安価に通信サービスを提供できる理由、そして自社サービスのユーザー約3万人からのアンケートによる利用動向などについて説明がなされました。
 

まずはネットワーク本部技術企画室の佐々木太志氏が、格安SIMの仕組みと市場動向について説明しました。MVNOは日本語にすると“仮想移動体通信事業者”となり、NTTドコモなどの携帯電話ネットワークを持つMNO(移動体通信事業者)と契約し、独自の通信サービスをユーザーに提供するというのが、MVNOの具体的な仕組みとなるようです。

続いて佐々木氏は、MVNOのサービスがなぜ安いのかについて説明しました。一般にMVNOは、自社に設備を持たず、ネットワークを借りているから料金を安くできるとされていますが、佐々木氏は「MNOが赤字にならないよう、原価コストを上回る料金をMVNOが支払っているので、それは正確ではない」と話しています。 

ではなぜMVNOがサービスを安く提供できるのでしょうか。佐々木氏によると、サービスを通話・通信の基本機能に絞ってシンプルにしていること、そしてテレビCMや店舗などにコストをかけず、インターネット通販を主体とすることで、価格を抑えているのだそうです。

 

さらに佐々木氏は、MVNOがなぜ必要とされているのかについても言及しました。「MVNOは中間事業者という位置付けで、中間マージンがかかる。実は存在しない方が合理的」と佐々木氏は話していますが、それでもなおMVNOが存在するのかについて、佐々木氏は国の政策と業界動向、2つの側面から説明しています。

政策面での大きな要因は、MNOが3社に集約されてしまったことで、サービス内容が横並びになりやすく競争が進まない“協調的寡占”に陥っていること。そうした状況を打破して料金競争を加速するべく、総務省がMVNOの参入促進を進めている訳です。

 

 

そして業界動向から見た場合、大きな理由として挙げられるのは、スマートフォンの普及によって、それまで端末・コンテンツ・ネットワークをMNOが一体に提供していた垂直統合のスタイルが崩れ、水平分離が進んだこと。これによってユーザーがネットワークも自由に選べるようになり、シンプルで安価なサービスが求められるようになったことから、MVNOが台頭したと佐々木氏は見ているようです。

 最後に佐々木氏は、現在のMVNO事業の現状について説明しました。日本におけるMVNOの契約数は、今年3月末時点で952万と、1年で28.9%の伸びを示しており、MVNOのシェアも移動系通信全体の6.1%にまで増えているとのこと。

 

 

続いて、マーケティング本部 プロモーション部 コンシューママーケティング課の今井健氏が、33,735名のWebによるアンケート結果を基にした、同社のSIMサービス「IIJmio」のユーザーの利用状況を紹介。それによると、購入動機として断トツに多かったのは、やはり「料金やスペックが魅力的だった」(79.3%)。一方、不安や疑問の声として多かったのが、「NTTドコモと同じ通信速度が出るのか不安」(46.6%)とのことで、安価で高速サービスを利用したい人達が、IIJmio高い関心を示している様子を見て取ることができます。

IIJmioのSIMを使用している機器は「スマートフォン」が最も多く(57.2%)、利用機種はiPhoneやXperiaが多いものの、ZenFoneの人気からかASUS製のものも人気が高まっているようです。また契約後の利用機器に関しては、フィーチャーフォンの1台目利用が大幅に減少し、その分スマートフォンが伸びていること、そしてWi-Fiルーターやタブレットの2台目利用が伸びていることが、特徴的な傾向としています。

 

 

携帯電話料金も、IIJmio契約前は5,000~7,000円台という人が最も多かった(34.4%)かったのに対し、契約後は1,000~3,000円未満が69.1%を占め、IIJmioの利用で料金が大きく下がっていることが分かります。満足度に関しても、「とても満足している」「やや満足している」という回答が合計で8割を超えるなど、高い満足度を獲得しているようです。

 もっとも現在のIIJmio、ひいては多くのMVNOのサービスの利用者は、30~40代のITリテラシーの高い男性層が多く、アンケート結果にもそうした背景が大きく影響していることは考慮する必要があります。しかしながら総務省の調査では、MVNOの認知度は前年度比20.1%増の69.5%と大幅に伸びており、一般層のMVNOの利用が今後大きく広まると予測されることから、IIJとしてもMVNOのサービスを正しく、分かりやすい形で伝える努力を進めていくとしています。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP