ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

使えるウィジェット5選(iOS編)

DATE:
  • ガジェット通信を≫


iOS 8から使えるようになった「ウィジェット」機能。ウィジェットとは、いわば“ひと目で情報を得られるように小型化されたアプリ”で、iPhoneの場合、ウィジェットに対応したアプリをインストールすれば、画面を上から下にスワイプして表示する「通知センター」に追加することができる。

【もっと大きな画像や図表を見る】

アプリを起動することなく、ニュースや交通機関の運行状況などを一度にまとめて確認できるので、使いようによってはとても便利。そこで今回は、ビジネスでも役立つオススメのウィジェットを紹介しよう。

●電車が発車するまでの残り時間をカウントダウン!

Yahoo!乗換案内(無料)

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/yahoo!-cheng-huan-nei-wu-liaono/id291676451?mt=8

定番の乗り換えアプリ。アプリとしても、たとえば「自宅から東京スカイツリーまで」を、「電車の乗換検索+スカイツリーへの徒歩ルート地図」でトータルに案内してくれるなど、優秀な機能を持っているが、ウィジェット機能の「通勤タイマー」を使えば、登録した駅から出発する次の電車までの残り時間を表示できる。朝の通勤のためにぜひ備えておきたいところだ。

●スケジュール管理は定番の「カレンダー」で!

カレンダー(標準アプリ)

カレンダー機能を持つアプリはたくさんあるが、iOSに最初からインストールされている「カレンダー」が、実はシンプルで使いやすい。その日の予定を記入しておけば、ウィジェットで確認することが可能だ。

●目的地の雨雲をチェック!

雨降りアラート: お天気ナビゲータ(無料)

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/yu-jiangriarato-o-tian-qinabigeta/id659303313?mt=8

「午後からは出先。こっちではなんか雨降りそうだけど、向こうはどうなのかな?」なんて時に便利なのが、設定した地域の雨雲の接近を教えてくれるこのアプリ。通知センターを起動するごとに雨雲情報が自動更新されるので、その都度アプリを立ち上げることなく、新しい情報を確認できる。

●ウィジェットから、すばやくメモ取り!

Evernote(無料)

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/evernote/id281796108?mt=8

ビジネスの定番アプリ「Evernote」もウィジェットに対応している。通知センターに表示された「テキスト」「写真」「リマインダー」「リスト」「チャット」から、作成したいノートを選択。するとEvernoteが起動し、新規ノート作成の画面を表示。すぐにメモを取ることができる。

●ひと目で残りのデータ容量が分かる!

DataMan Next(240円)

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/dataman-next-riarutaimudedeta/id592962356?mt=8

みなさんは、毎月のデータ通信量を何GBで契約しているだろうか? 筆者は、実は3GBで契約しているのだが、これがなかなかツラく、月によっては速度制限がかかってしまうことも…。そんな時に便利なのが、残りデータ容量を教えてくれるこのアプリ。ウィジェット対応で、通知センターでリアルタイムにチェックできる。通信量が気になる人はぜひインストールしておこう。

ウィジェットは、通知センターをスクロールした最下部にある「編集」をタップし、「表示/非表示」を選ぶことで使えるようになるほか、表示する順序の入れ替えもできる。自分に必要なウィジェット機能を揃えれば、きっとスマホライフが今よりももっと便利に、快適になるはずだ。

(島尻明典/verb)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

使えるウィジェット5選(iOS編)はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

スマホの「要らない機能」TOP10
iOS 9でiPad超進化に期待
音質向上するiPhoneケース登場
“賞味期限の短さ”が魅力の18K『Apple Watch EDITION』
都内のオモシロ写真撮影スポット5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP