ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

眞鍋かをり 一人旅のルール「お酒は2杯まで」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)夜の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。6月30日のオンエアでは、ゲストにタレントの眞鍋かをりさんが登場。著書『眞鍋かをりの世界ひとり旅手帖』について語りました。

眞鍋かをりさんの旅本の第二弾『眞鍋かをりの世界ひとり旅手帖』が6月に発売されました。ひとり旅歴5年、これまで旅した国は20カ国以上という眞鍋さん。30歳過ぎてからの一人旅とあって、無茶はせず、安全を確保した上で、予想外の出来事を楽しんでいるのだそう。今回の本は、写真とエピソードに加え、眞鍋さんの荷造りチェック表なども盛り込み、実用面でも役に立ちそうな、一人旅の入門編の本になっています。

そんな眞鍋さんの旅ルールのひとつが「お酒は2杯まで」。どういうことなのでしょう。

旅した先々で、一人酒を楽しんでいるという眞鍋さんですが、外で飲むときは2杯までと決めているのだそう。その理由を「私は2杯を超えると、だんだんガードが緩くなるというか、危険を察知する能力が下がってくるので」と言います。自分を知って、ルールを決めているからこそ、美味しい一人酒が楽しめるのでしょうね。

一方、ビールの街の世界的なお祭り、ミュンヘンのオクトーバーフェストでは、大騒ぎをしたそうですが?

「大騒ぎしました。すごいんですよ。何万人が入る巨大なテントが会場に14ぐらいあって、その中に、ギューギュー詰めになって、世界各国の酔っ払いがビールを飲んで大騒ぎしているので。最初はこの中に入って行けないと思ったんですけど、飲んでいるうちに気が大きくなって、気が付いたら、みんなで大合唱したりして」

実は、心置きなく、このお祭りを楽しむために、一人旅の眞鍋さんが利用したのがインターネットの旅仲間の募集板。このとき初めて利用し、仲間を募り、一人旅の4人で集まって一緒に参加したのだそう。心強い旅の仲間がいてこその、2杯ルール破りができたのですね。

安全性は確保して、はじけるときは思いっきりはじけるのが、30代女子の一人旅を楽しむ秘訣ということでしょうか。眞鍋さんは、人見知りの克服をはじめ、一人旅で得たものは大きいと語っています。一人旅に誘う本書、一読してみては?

【関連サイト】
「LOHAS TALK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP