ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人・小林誠司 他の控え捕手よりも若手投手との相性が良い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人は近年、絶対的な扇の要として正捕手・阿部慎之助が君臨してきた。だがその阿部が衰えてきたというのに、将来の正捕手候補としてドラフト1位で獲得した小林誠司を5月16日のヤクルト戦を最後に起用せず二軍落ちさせている(6月24日現在。以下データすべて同)。小林は「一軍でいい経験をさせてもらったので、二軍でしっかりと力をつけて上に戻りたい」と前向きに頑張っている。

「一軍復帰の目安として、岡崎郁・二軍監督は“マスクを被った時の勝敗が五分以上になること”を挙げています。当初は二軍で4勝7敗と負け越すなど、結果を残せなかったが、最近は安定感が出てきました」(巨人担当記者)

 二軍捕手成績を見ると、勝ち数が多い順に鬼屋敷正人が9勝5敗で河野元貴が8勝7敗、続いて小林は7勝8敗だ。『プロ野球何でもランキング』(イースト・プレス刊)などの著書がある、野球データに詳しいライター・広尾晃氏が語る。

「二軍での成績をまとめると、ともに6年目で24歳の河野と鬼屋敷が活躍していますが、小林も十分渡り合っています。五分以上という条件クリアもすぐそこに見えている。

 巨人は小林を使わない手はない。一軍でのデータを見ると、相川(亮二)は阿部よりも“打てる捕手”だが、肝心の守備成績が酷い。實松(一成)は“専守防衛型”の割にパスボールが多い。小林は確かに打撃で相川に劣るが、捕手は何よりも守備が重視されるポジションです」

 巨人一軍捕手の打率は.264の阿部を.339の相川が上回るが、相川は1試合平均でいくつのアウトに寄与したかを示すRF=レンジ・ファクターの数値が5.83と小林の6.70より低く、守備範囲が狭い。パスボール数は阿部が0で小林と相川は2、實松は5もある。

 1960年代から1970年代の中日を支え、「打てる捕手」としてベストナインに5度輝いた木俣達彦氏でさえも、「捕手はまず守備が優先です。一番は肩。セカンドでランナーを刺せるかどうか。次がリードの良さ、キャッチングの安定性と続く。バッティングは最後です」と語る。

 小林にはもう一つ、他の控え捕手にはない「能力」がある。それは投手の捕手別防御率から見えてくる。小林は今年の巨人を引っ張っている若手投手との相性が良い。特に菅野智之、高木勇人との成績は注目に値する。

◆菅野
・阿部 1.15(5試合、3勝2敗)
・小林 1.59(5試合、3勝2敗)
・相川 3.86(1試合、0勝1敗)

◆高木
・阿部 1.63(5試合、3勝1敗)
・小林 2.96(4試合、2勝1敗)
・相川 3.10(3試合、1勝2敗)

 菅野と小林は同年齢で、大学時代から全日本でバッテリーを組んだ経験がある。菅野は日頃から「小林とはやりやすい」と公言しており、信頼関係が強い。今年ブレイクした高木も小林と同い年だ。

 1980年代に巨人の不動の正捕手だった山倉和博氏はこう語る。

「正捕手に最も必要なのは信頼です。扇の要としてチーム全体から信頼を得る必要があるが、中でも投手から信頼を得ることは大事です。そのためには日頃のコミュニケーションが不可欠で、特に先輩投手との距離を縮めるために、僕は現役時代、キャンプや遠征先では“部屋廻り”といって、先輩の部屋に入り浸っていました」

 木俣氏も頷く。

「以前、小林はコミュニケーションが下手だと雑誌に叩かれていたけど、まだ新人だからね。どんな捕手でも3年はかかる。そのためにも一軍に帯同させるべきだと僕は思います」

 まだこれから、とはいうものの、すでに活躍している同級生投手ならコミュニケーションも取りやすい。チームの勝ち頭たちと距離の近い小林の「長所」である。

※週刊ポスト2015年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人の正捕手候補 小林誠司は意外にも及第点の仕事している
斎藤佑樹 1年間二軍暮らしで鎌ケ谷市への経済効果11億円
巨人出身者が新天地で活躍 広島・一岡、日ハム・市川など

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。