ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cyanogen、CyanogenMod 12.1 の最新Nightlyに追加された新機能を紹介、IMAP IDLEに対応など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Cyanogen が Android 5.1 ベースの CyanogenMod 12.1 Nightly の最新ビルドに追加した新機能をブログを通じて公表しました。ブログの記事によると、新たに追加された機能は、IMAP IDLE プロトコルへの対応、CM SDK による Dynamic Tiles、接続する Wi-Fi アクセスポイントの優先順位のユーザーで変更できる機能です。IMAP IDLE プロトコルに対応したことで、IMAP4 のメールサーバとの間でコネクションを張った状態を再現できるので、サーバ上でメールの受信といった変更が生じると、その情報をクライアント(端末)にプッシュ通知します。つまり、IMAP でプッシュ通知のような仕組みが実現できるというわけです。Dynamic Tiles は対応アプリのイベントなどを QuickSettings パネルのタイルとして表示する機能です。例えば、ビルドインのroot 権限管理アプリの場合はどのアプリが root 権限でアクセスしているのかをタイムリーに表示します(上図がその例)。Source : CyanogenMod


(juggly.cn)記事関連リンク
月額500円で動画と電子書籍が見放題となるY!mobileユーザー向け新サービス「エンタメパック」が提供開始
Appleの新しい音楽ストリーミングサービス「Apple Music」が国内で提供開始
Motorola、ようやくDroid TurboのAndroid 5.1アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP