ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハワイをより一層楽しむ!知っておきたいフラダンスのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Auana Hula by John Watson via Flickr (license)

TRiPORTライターのヤマガミです。
日本でもお馴染のハワイ、そしてフラダンス。ショーやイベント、習い事など、日常的に見かける機会も少なくないことから、日本でも少しなら踊れるという人が多いのではと思います。ハワイ語で「フラ」はハワイの伝統的な歌舞音曲という意味を持ち、ハワイの文化や歴史、伝統といったものに深く関わっているのです。

フラダンスの種類

かつて文字を持たなかった古代のハワイでは、意志の伝達や言葉の代わりにフラを用いたと言われてます。もちろんそういった役割以外にも、神々や自然への祈りといった意味もあり、ハワイの神話や歴史を伝える手段として、長年踊られてきました。

じつはフラダンスには、種類が大きくわけて2つあるというのを知っていますか? 一つ目の「カヒコ」は大昔から踊られており、もともとは男性が力強く踊るもので、宗教的な意味合いが強い神聖な踊り。そしてもう一つは現在の一般的なフラダンスとして有名な「アウアナ」です。

フラは詩の意味を表現する踊りでもあるので、ハワイ語を理解していると、より奥深く踊りを見ることができます。しかし現在、ハワイ語は英語とともにハワイの公用語になっていますが、学校で教えているわけではないので、ハワイ語を日常的に使っているのは少数の人々のみとなっています。そういったこともあり、観光程度の旅行だと理解することは難しいかもしれません。

Photo credit: Nalumi Uchiyama「美味しくて美しくてハワイ

フラダンスの歴史

現在でこそハワイの象徴とも呼ばれ、人気のあるフラダンスですが、アメリカの宣教師がハワイに上陸した際にキリスト教を浸透させる目的で禁止されたという歴史があります。その後ハワイはアメリカに合併し、一時期はフラだけでなく、ハワイ語も禁止となりました。

それからハリウッド映画などの影響で、ハワイは世界的に有名な観光地へと変化していきます。それにともない、フラもアウアナを中心としてエンターテイメント性の強いものへと変化していきました。ちょうどこの頃、日本でもハワイの知名度が高まり、常磐ハワイアンセンター(現在はハワイアンズ)が開園し、フラが日本で大々的に紹介されて浸透していきました。

しかしながら1970年代になり、世界の少数民族の独立の動きが盛んになったところで、ハワイでも伝統文化の歴史を見直し、復活させる運動が活発化してきます。そして競技会などが開始され、アウアナだけでなく、一時期衰退していたカヒコも注目されるようになりました。日本人にとっても身近なフラダンスですが、意外と知らなかったこともあったのではないでしょうか。このような背景を知っていると、ハワイへの旅もより一層深く楽しめそうです。

「あなたの知らないハワイの世界」 実は奥深い本当の魅力とは

(ライター:マリアヤマガミ)
Photo by: Auana Hula by John Watson via Flickr (license)

ハワイの旅行記はこちら

* Nalumi Uchiyama「美味しくて美しくてハワイ
*Hiromi Ikeda「HONOLULU

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP