ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目の日テレ・笹崎アナ タダモノじゃないワイプ芸に要注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、業界きっての“女子アナウォッチャー”である山田氏が、いろんな意味で注目の日テレ笹崎アナに迫る!

 * * *
 初夏は新人アナ“初鳴き”のシーズンだ。“初鳴き”とは、入社したてのアナウンサーらが研修を終え、初めてアナウンスの仕事をするもので、局によっては“声出し”と呼ばれているところもある。

 視聴者にもっとも有名な“初鳴き”場面は、フジテレビの『27時間テレビ』エンディングのスポンサー読みだろう。

 そして、全国の新人アナウンサーのなかで、もっとも有名な…というか、一人だけ突出して名前を知られている日本テレビの笹崎里菜アナにも初鳴きシーズンが訪れた。なぜ、もっとも有名か? 説明は不要だろう(苦笑)。

 最初のテレビ出演は、同局の人気バラエティー番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』。研修担当のベテラン、豊田順子アナから、名前の「ささざき」が言えていないことを指摘され、「舌の力が弱い」「サボってきている」と厳しい指導を受けたことが話題になった。

 アナウンサーにとって、サ行は確かにイヤな行であり、それが続く「ささざき」という名字であることは笹崎アナにとってアンラッキーだったかもしれない。

 ちなみに、最近のアナウンサーはサ行とカ行の無声化ができていないことを問題視するベテランアナも多い。たとえば「~~~です」という文末の「す」は、正しいアナウンスでは無声音にならなければいけない。

 文章で説明するのは非常に難しいが、往年のアナウンサーの「です」と最近のアナウンサーの多くの「です」を聞き比べていただけばわかると思う。後者の「す」は、前の「で」と同じ大きさで発声され、なんとも聞きづらいのである。

 まぁ、そんな細かいことも昔ほど厳しくは言われなくなってきた。そして声も同様である。「アナウンサー=美声」も今は昔。それもそのハズ、「声でなんかでは、採っていませんから」と、某在京局の採用担当アナが当たり前のように言っていたのを聞いたのは、いまからもう10年以上も前の話である。

 もちろん、顔が見えないラジオ局はいまだに声を重視している。新人アナ採用では「在籍しているアナに、このタイプの声が足りないから、今度はこの子を採ろう」と、声の高低や質が重要視される。が、やっぱり、いまのテレビ局では、“顔採用”なのだろう。

 笹崎アナに話を戻そう。非常に美しいルックスでスタイルも良く、「華がある」ということでは、フジテレビの加藤綾子アナ並みとも言われている笹崎アナが、同期の平松修造アナ、尾崎里紗アナと『スッキリ!!』に生出演した。

 当然、あのネタでイジッたのはMCの加藤浩次。「いろいろあったから…」と切り出したのである。それでも笹崎アナは顔色を変えず、「頑張ります!」と。さすがにハートの強いところをみせていた。

 実は日テレ社内でも、「とりあえず、最初はイジらないワケにはいかないだろう」と、ずっと言われていて、「まず、さんまさんにイジッてもらえれば…」という声も出ていたと聞いたことがある。が、『踊る!さんま御殿!!』の女子アナ特集に彼女の名前はまだ入っていない。

 彼女と同期のアナは気の毒だと思う。長身で華のある笹崎アナと並んでいるからなのか、尾崎アナは見るからにフツーのお嬢さんというカンジだったし、平松アナは松岡修造と一字違いということぐらいしか特徴はなかった。

 そんな彼らが出演したコーナーは、最新グルメを紹介するVTRコーナーだったのだが、驚いたのは、ワイプで抜かれているときの笹崎アナの顔だった。

 平松アナが小さく驚いたり、頷いたり、尾崎アナがただニコニコ笑っているだけだったのに対し、笹崎アナは、目を大きく見開いたり、読唇術ができなくても何て言っているかわかるように口を大きく動かし続けて感想を言ったり…と、VTR中ずっとリアクションをしていたのである。

 さらに、自分がワイプの中に居るのをわかっていて平松アナに話しかけたりしているのだ。これは、かなり上級者のワイプ芸とみた。

 この大物ぶり。誰に似ているかといえば、やはりカトパン=加藤綾子だろう。『めざましテレビ』(フジテレビ系)オンエア中、顔芸ともいうべき、さまざまなリアクションをとる加藤アナ。アラサーアナならではの自信と余裕の結果でもあるが、新人アナなのに、それをやれちゃう笹崎里菜アナ。やはりタダモノではなかったのである。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
笹崎アナ『行列』からオファー 「訴えてやる」言わせたい?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP