ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早稲田大学さだまさし研究会 楽曲に登場の地探訪が主な活動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 早稲田大学には、“さだまさし研究会”がある(設立は1980年)。当時は全国に“さだ研”が存在し、文化放送のラジオ番組『さだまさしのセイ! ヤング』で活動を取り上げられたが、番組終了とともに下火に。だが早稲田のさだ研だけはその後も活動を続けてきたのだ。広報長の宮口雄太さんによると、

「メンバーは40名。早稲田以外の学生もおり、今年も13人入会しました。『さだまさしU-30ライブ』では最前列を陣取り、トークでいじってもらい、さだ研をアピールしています。最近は『生さだ』(NHKの『今夜も生でさだまさし』)でファンになり、入会する人も多いですよ。ぼくもそのひとり。受験勉強中にうっかり見てしまい、ハマりました(笑い)」

 楽曲に登場する場所を探訪するのが主な活動。昨年は、下町ツアー(かすてぃら、無縁坂、檸檬)、鎌倉ツアー(縁切寺)に出掛けた。歌に登場する料理の再現も行い、最近のヒットは「ローズパイ」。

 63才のさだまさしには、10代にもファンが多いのだ。

※女性セブン2015年7月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
人気のNHK「生さだ」 ハガキ投稿はさだまさしがすべてチェック
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』
早慶現役学生のお小遣い平均額 早稲田は慶応の3分の1以下

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP