ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年の夏は薬膳カレーで乗り切ろう!谷中の「薬膳カレーじねんじょ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もはや日本の国民食との1つとも言える食べ物と言えば「カレー」。実は世界の年間カレー粉消費量ランキングで、日本はなんと第2位!(第1位はもちろんインド)日本は、世界からも認められるほどカレー大国のようです。

さらに、エスビー食品の調査によると、日本人は1人当たり年間平均約84食のカレーを食べているそうです。1年は52週ですから、日本人はおおよそ1週間に1回以上カレーを食べている事になります。

まさにカレー大国とも言える日本ですが、これからの暑くなる季節になると、よりスパイシーなカレーで爽快感を感じたい、そんな衝動に駆られてしまうのではないでしょうか?

そんな方にピッタリなのが今回ご紹介する「薬膳カレー」。

「薬膳カレー」とはカレーのスパイスに加えて、生薬などを加える事によって、より効果的に新陳代謝を向上させ、身体の中から体調を整えてくれる、スペシャルなカレー。

「薬膳」と聞くと、薬や苦い、など少しマイナスイメージを想像してしまうかもしれませんが、今回は、そのイメージを覆すほどのウマミたっぷり、こだわりの薬膳カレーを提供してくれる谷中の「薬膳カレーじねんじょ」を紹介します。

・スパイス香るレトロな雰囲気のお店
まず店内に入ると厨房から様々なスパイスの香りが漂ってきており、お店全体にスパイスの香りが充満しています。様々なスパイスはまるでアロマ効果もあるのではないか、と思えるほど、食前にもかかわらず、カレーへの食欲がどんどん湧いてきます。

・スプーンと汗が止まらない!
こちらの薬膳カレーは野菜8種、スパイス11種、和漢生薬6種が溶け込んだ特別なルー。ひとくち食べた瞬間に、スパイスや絶妙に調合された薬膳の香りが口いっぱいに広がり、辛さは後からゆっくりとやってきます。独特のウマミと薬膳そしてスパイスの絶妙なバランス、そして食べ進めるたびに押し寄せる辛さ、すべてが渾然一体(こんぜんいったい)となって、スプーンと汗が止まらない、という状態になっていきます。

・かつてない食後の爽快感
さらにこちらの薬膳カレーは、化学調味料、添加物、バターなどを一切使用していないため、食後は胃もたれすることなくスッキリとした気分になります。またじんわりと体の芯が暖かい感覚に包まれます。この不思議な感覚こそ、薬膳カレーの醍醐味かもしれません。

東洋医学では、「薬食同源」という概念があり、日々の生活で食べるものによって病気を予防したり治療したりすることができると考えられています。

美味しくて、身体も元気になる。そんな一石二鳥の薬膳カレーで、今年の夏の熱さをより快適に楽しんでみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 薬膳カレーじねんじょ 谷中店
住所 東京都台東区谷中5-9-25
営業時間 [火・水・金]11:30~16:00、17:30~21:30(L.O)
     [木]   11:30~16:00(L.O)
     [土・日・祝]11:00~16:00、17:00~21:30(L.O)
定休日 月曜日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP