ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】100円ショップの材料で『サイコパス』の本格ドミネーターを作ってみた結果(笑)!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場する携帯型心理診断・鎮圧執行システムが「ドミネーター」。独特のデザインが気になっている人も多いのではないでしょうか。

・2万円を超える値段でも完売!!
そして今年1月に劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス』に合わせてバンダイからレプリカモデルが販売されました。2万円を超える値段ながらあっという間に完売となり、7月には再販が決定されたといいます。

・100均ドミネーターの詳細
しかし、いくらなんでもこれはお高い! というわけで、人気のドミネーターを(ほぼ)100円ショップの材料だけで再現してしまったのが、この記事の写真。製作者の「チェルシー@biscotti716」氏はコスプレイヤーでもあり、自身のコスプレのために製作したそうです。今回はtwitterでも話題となった100均ドミネーターの詳細を紹介します。

・段差が単調にならないよう工夫
まず素材は100円ショップにあるカラーボード。下書きをしてカッターで丁寧に切り出します。表面のディティールは多層構造によるカラーボードの切り出しで表現。厚さの違うボード(色が違う)を使って、段差が単調にならないよう工夫しています。

・100円ショップにあるライトを流用
側面の部分は箱組で再現。厚さを意識して接着剤で貼り込み、接合部はリューターで処理します。各部のスリットもしっかりと開口しましょう。そしてここがポイント! 発光機能を再現するために電飾を内蔵します。100円ショップにあるライトを流用。本体内には発光チューブ(光る靴ヒモ)を這わせて、反射のためのアルミシートを貼り込みます。

・木目調のカラーボードから切り出し
スリットに合わせた発光チューブが光ります。形状ができたら塗装しましょう。本体は下地を塗って水性塗料のスプレーを使用。ラッカースプレーだとボードが溶けてしまいます。
グリップは木目調のカラーボードから切り出して整形したもの。

・独特のデザインで秀逸
ナナメに削った整形面が白くなるのでマホガニーの水性塗料ペイントでタッチアップ。かるく黒でドライブラシをかけています。完成! 独特のデザインもあって誰がどう見てもドミネーターそのもの!

・ほぼ全部100円ショップで入手
今回の工作では接着剤なども含め、ほぼ全部100円ショップで入手できるものを使って作り上げたそうです。誰にでもできる! とはいいませんが、手先の器用さに自信がある人はぜひいかがでしょうか。

https://youtu.be/f1mMt1RUP8s

執筆: さばなび http://www.saba-navi.com

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/06/30/psycho-pass/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP