体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年のフジロックの出演アーティストのハイレゾ楽曲が体験試聴できる『Hi-Res SPECIAL STAGE』開催

7月24日(金)~7月26日(日)に開催される『FUJI ROCK FESTIVAL ’15』の出演アーティストのハイレゾ楽曲を体験試聴できる『Hi-Res SPECIAL STAGE supported by Sony』が、7月1日(水)より全国家電量販店、ソニービル/ストアにて展開!

『Hi-Res SPECIAL STAGE supported by Sony』 (okmusic UP's)

『Hi-Res SPECIAL STAGE supported by Sony』の最注目アーティストは、『FUJI ROCK FESTIVAL ’15』のヘッドライナーを務める予定のモンスターロックバンド、Foo Fighters。10年振りの出演とあって期待が高まる中、『Hi-Res SPECIAL STAGE supported by Sony』では、2005年の出演時に披露した「Best of you」「Learn to fly」「Monkey wrench」のライブ3曲を、フジロック史上初めてハイレゾ化! ライブならではの熱気溢れるバンドサウンドと、荒々しくも個性溢れるデイヴのヴォーカル、そしてオーディエンスの興奮と熱狂に満ちた空気感までも、全国家電量販店(※)、ソニービル/ストアのハイレゾ対応ウォークマン(R)とハイレゾ対応ヘッドホンにより、高い再現性を持って体感することができる。

また、その他出演アーティストのハイレゾ楽曲の体験試聴も同時展開! その詳細については特設サイトをチェックしてほしい。

これまでにない臨場感や音の広がり、その場の空気感までも体感できる『Hi-Res SPECIAL STAGE supported by Sony』で、あの夏の弾けるテンションをそのままに、一足早い“フェス体験”を堪能してみてはどうだろうか?

(※)一部の店舗では実施していない場合があります。

■『Hi-Res SPECIAL STAGE supported by Sony』特設サイト
http://www.sony.jp/high-resolution/event/fujirock/

『Hi-Res SPECIAL STAGE supported by Sony』限定!2005年のフジロックで披露したライブのハイレゾ音源を初公開!
Sony Music Studios Tokyoのマスタリング技術により、『FUJIROCK FESTIVAL’05』にFoo Fightersが出演した際の48kHz/16bitのマスター音源をハイレゾ用にリマスタリング!

「Best of you」…ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit
「Learn to fly」…ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit
「Monkey wrench」…ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit

※上記音源に加え、2015年2月18日にニュージーランドで行われたライブ『Sonic Highways World
Tour at AMI Stadium』から「All My Life」「Everlong」の2曲のハイレゾ音源も試聴いただけます。

【富士祭電子瓦版 津田昌太朗 コメント】
世界最強のロックバンドであることを
フジロッカーに見せつけた
伝説的なアクトを堪能してほしい。

97年、00年、そして3度目の出演と なった05年のフジロックでついにヘッドライナーを飾ることになったFoo Fighters。フロントマンのデイヴ・グロールがライブ中盤にステージ上の照明に駆け上るなど、演奏はもちろん、圧巻のパフォーマンスを披露し、世界最強のロックバンドであることをフジロッカーに見せつけた。そんな伝説的なアクトから、彼らを代表する3曲、「Best of you」、「Learn to fly」、「Monkey Wrench」のライブ音源をハイレゾ化! ライブだと特に際立つバンドのヘヴィーなサウンドに加え、唾が目の前に飛んできそうに感じられるほどの荒々しいデイヴのヴォーカル、そして当時の興奮が瞬時に蘇る観客の力強いレスポンス。そんな臨場感を味わえるのはハイレゾだからこそ。世界最高のロックバンドが見せつけた歴史的瞬間を、もう一度堪能してほしい。

■フジロック・フェスティバル公式ニュースメディア『富士祭電子瓦版』
http://frf-en.jp

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。