ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽天モバイル、ブロガーイベントで格安スマホの選び方指南

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽天モバイルは、「格安SIMについてもっと知ってもらおう」というコンセプトのもと、6月29日、渋谷の「楽天カフェ」にてブロガー向けイベントを開催。そこには、ブロガーたちの発信力により格安SIMのイメージにある「安かろう、悪かろう」のイメージを払拭し、業界全体を活性化させたいという狙いがありました。
フュージョン・コミュニケーションズの鈴木氏は、「ドコモやauの回線を使っているので、品質や接続性には問題がなく、料金や利用期間も大きなメリットがある。また、MNPも可能なため今の番号を維持したまま賢く節約できる」とMVNOの基礎について解説。

一方、「電話を多くかける人は、キャリアのかけ放題のほうが安くなる」と、現状の課題も包み隠さず紹介。

 

MVNOを選ぶポイントは?
ユーザとしてやはり気になるのが、キャリアに慣れきっている状態からMVNOに切り替える際、何を基準にしたらいいかということ。

鈴木氏は、料金プランや最低利用期間などの基本的なポイント以外に、使い出してからのサービスとして「通信量繰り越し」や「アプリによる高速通信のON/OFF」などの充実度を挙げ、さらに「最近ではリアル店舗の有無が特に重要となってきている」と説明。

「楽天モバイルは、これらのポイントを全て満たしている。利用を開始した初月の基本料金が無料のほか、楽天ポイントがたまったり、ネット購入時の配達日指定ができたりする」と、自社の強みと楽天グループならではのシナジーをアピール。

重要視しているのがリアル店舗。「端末に触れられるだけでなく、新規加入や即日MNPできることが大切」とし、楽天モバイルの店舗ではそれが可能であることも訴えていました。

楽天モバイルは現在、会場となった渋谷のほか、二子玉川S.C.店、仙台の楽天イーグルスグッズショップと、計3店舗ありますが、年内にはその数を10店舗にまで拡大予定。場所等の詳細については順次公開されるそうです。

 

 

実践!SIMカードで設定
格安SIMについての基礎が分かったところで、会場に集まった約30名のブロガーには、楽天モバイルの新機種「honor 6 plusが配布。今回の応募条件にあった楽天モバイルのSIMへも申し込みも全員が済んでおり、一緒に配られたSIMカードを使って設定を開始。

通常、SIMフリースマホは購入時にいくつかの設定項目がありますが、この機種はSIMを挿すだけで通話や通信を始められるというお手軽仕様。

 

本製品最大の特徴は、ダブルレンズカメラ。背面にカメラレンズが2つあり、この2つは人間の目と同様の処理をし、これまで難しかった移動体への高速追跡フォーカスが可能に。また、従来品よりもレンズが明るくなったので、夜景撮影が快適になったそうです。

 

また、新搭載のワイドアパーチャ機能により、撮影後フォーカスの位置や範囲が変更できます。この機能の実演では集まったブロガーたちからも驚きの声が。ブロガーにとって写真撮影は重要なポイントのひとつだからです。

イベント終了後、ブロガーの1人に話しを聞いたところ、「格安スマホを試すのはこれが3度目。過去の2端末は、主に親のために考えて購入したこともあり、端末性能が求めていたものより低く、メインではとても使えず早々に使うことを諦めた。その点、honor 6 plusは画面も大きいし性能も良いので、(楽天モバイルへの)MNPも視野に入れている」とのこと。

格安SIMや格安スマホが、いま以上に知名度や利用者数を増やすには、こうしてリアル展開することで、ユーザが体験し納得してもらうことが必要不可欠といえます。

(文:空色ぐらたん)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。