体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

川野夏美、瀬口侑希、津吹みゆの3人が、演歌史上初のガールズバー演歌女子開店

川野夏美、瀬口侑希、津吹みゆの3人が、演歌史上初のガールズバー演歌女子開店

演歌歌手の川野夏美、瀬口侑希、津吹みゆの3人が、6月29日、演歌史上初となるガールズバー演歌女子を池袋で開店した。

池袋ショットバーMAOのオーナー六川正男氏が、演歌女子ブームに目を付け、オファーし実現。完全予約制で集まったファン12名とデュエット、マンツーマントークコーナーで大盛況となった。

当日は、本人の名前から夏美、侑希、みゆというオリジナルカクテルも販売された。3人が六川オーナーに楽曲キーワード、自分のイメージを伝え、川野は、ブルーをイメージ、ほろ苦い恋をテーマにライチを使用、瀬口は、ピンク、オレンジ系の恋する情熱的なイメージで制作、津吹は、白をイメージ、ノンアルコールカルピスを主にブレンドしてオリジナルカクテルが作られ、集まったファンを楽しませた。

史上初の試みに川野夏美、瀬口侑希、津吹みゆの3人は、以下の様なコメントをしている。

川野「とっても新鮮で飲みながら、歌ったりは初めてだったので楽しかった。ステージで話できないことを話せた。」
瀬口「すごく近くで気軽にお話しができて、歌が歌えた。」
津吹「デビューして4ヶ月ですが、近くで歌えて、話ができて楽しかった。」

また、同イベントは、7月10日にも浴衣姿で行う予定とのこと。

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会