ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョニ・ミッチェルは話が出来ている……公式サイトに真の情報を掲載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジョニ・ミッチェルはどうやら回復の兆しをみせているようだ。彼女の財産管理者、レスリー・モリスが6月28日に公式サイトに掲載したステートメントによると、ミッチェルは動脈瘤(どうみゃくりゅう)を患った後、健康状態は良くなっているという。

 ステートメントには、「ジョニは確かに動脈瘤に苦しんでいましたが、ここ数日間で噂されている情報はほとんどが不確かなものです。正しくは、ジョニは話しており、それも上手に話すことが出来ています。まだ歩くことは出来ませんが、毎日治療を受けているので近い将来歩けるようになるでしょう。彼女は自宅で快適に療養しており、日々良くなっています。そのうち完治することでしょう」と綴られている。

 旧友のデヴィッド・クロスビーは先日、ジョニ・ミッチェルは動脈瘤を患い、会話することが出来なかったと明かしていた。「彼女と話せてないんだ。私の知る限り、彼女はまだ会話が出来ない。彼女は家で看護されていて、今も治療を受けているよ。動脈瘤だったんだけど、しばらく誰も彼女を発見できなかったんだ」

 ジョニ・ミッチェル(71)は3月31日にロサンゼルスの自宅で意識不明の状態で発見され、地域の病院に入院したことは確認されたものの、その後、彼女の容体について様々な報道がなされていた。

関連記事リンク(外部サイト)

ハーツ、2年半ぶり新作アルバム『サレンダー』を10月にリリース
Album Review:ジョルジオ・モロダー『デジャヴ』 現在のシーンを見据えヴェテランの自身を客観視する、優れたプロデューサー気質が全開の一枚
ジ・インターネット、オッド・フューチャーの紅一点が率いる新世代ソウルバンドの新アルバムが国内発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP